≪レアモン育成記≫【モノリス種:ドミノス特殊個体】モンスターファーム2(MF2)攻略

もくじ

≪育成記≫ってな~に?どんな事が書いてあるの?

2020年9月17日にandroidやiOS、Nintendo Switchなど様々なプラットフォームでリマスターされた不朽の名作『モンスターファーム2』の、様々なモンスターを育成しています!

モンスターファーム2では以下のような声がよく聞かれます。

『自分のモンスターがすぐに死んじゃうんだけど……どうやってみんなモンスターを長生きさせてるの?』

『試合で全然勝てるようにならない……どうやったら公式戦で勝ち抜けるようになるの?』

『モンスターファーム2って面白い』って聞いたから買ったのに……

『モンスターがすぐ死んじゃうし!全然強くならないからランクも上がらない!!』

そうなんです!
モンスターの育成やバトルって、意外と難しいんです!
そんな嘆きをお持ちの方々へ、少しでもモンスターを長生きさせて強いモンスターを育て上げ、公式戦を勝ち上がり、やがては四大大会を勝ち抜き殿堂入りしてもらう……

ここでは、その一助となればと育成の記録を≪育成記≫として載せているのです!

まずは『モンスターが長生き出来ない!』とお悩みの方は ↓ こちら ↓
初心者必見!【モンスターの寿命を延ばすコツ】モンスターファーム2(MF2)攻略

『公式戦を勝ち進みたい!』という方も、どうぞごゆっくりしていってくださいね!

今回育成するモンスターは、モノリス種のレアモン『ドミノス』特殊個体だよ!

再生する条件はあるの?

モノリス種の再生に、特殊な条件は必要ありません。
最初から再生して育てる事が出来ます。

エサの好き嫌いは?

エサ 嗜好 体型 ストレス 恐れ度 甘え度 価格
ジャガもどき 嫌い -1 16 4 -10 10G
ミルクもどき 普通 1 -2 0 1 50G
サカナもどき 普通 2 -3 0 2 100G
ゼリーもどき 好き -3 -7 1 2 150G
ニクもどき 普通 6 -6 0 4 300G
ビタミンもどき 普通 3 -13 2 1 500G

 

モノリス種ってどんな種族なの?

モノリス種ってどんな特徴があるの?

まずはドミノスが属する系統紹介から!
純血種モノリスの上がりやすいパラメータと苦手なことはこちら!

寿命: 250週
成長タイプ: 普通
ライフ: 110 D ★★☆☆☆
ちから: 130 C ★★★☆☆
かしこさ: 140 C ★★★☆☆
命中: 100 D ★★☆☆☆
回避: 10 E ★☆☆☆☆
丈夫さ: 220 A ★★★★★
合計: 710 オススメ度: ★★☆☆☆

 

寿命はどれくらいなの?

成長段階(普通) 期間 割合 開始年齢 終了年齢
第1段階 10% 0% 0歳0ヶ月 0歳6ヶ月
第2段階 10% 10% 0歳6ヶ月 1歳0ヶ月
第3段階 15% 20% 1歳0ヶ月 1歳9ヶ月
第4段階 15% 35% 1歳9ヶ月 2歳7ヶ月
成長のピーク 10% 50% 2歳7ヶ月 3歳1ヶ月
準ピーク 5% 60% 3歳1ヶ月 3歳4ヶ月
第5段階 10% 65% 3歳4ヶ月 3歳10ヶ月
第6段階 5% 75% 3歳10ヶ月 4歳2ヶ月
第7段階 5% 80% 4歳2ヶ月 4歳5ヶ月
第8段階 15% 85% 4歳5ヶ月 5歳2ヶ月
天寿 0% 100% 5歳2ヶ月 250週

 

実際は、修行に向かったり大会に出たりするので、もっと短くなります。
寿命が250週なので、だいたい5歳2ヶ月くらいで寿命を迎えます。

成長タイプが『普通なので、成長のピークに入るのは寿命の50%を過ぎた2歳7ヶ月頃です。
成長のピークの期間は、準ピークを含めて寿命の15%程度です。

得意なことと苦手なことは何があるの?

どんなところが強み?

丈夫さが高い!

丈夫さの成長適性が最高なので、被ダメージを大きく抑える事が可能です。

どんなことが苦手なの?

命中・回避が低い

命中と回避の成長適性が低いので、こちらの攻撃は当てられず相手の攻撃はよく被弾します。

どんな技を覚えるの?

それぞれの距離ごとに紹介していくよ!

修得出来る技は全部で21種類あります。

  • ちから技:12種
  • かしこさ技:9種

 【超近距離】:6種類

技名称: 体当たり 針ぶっさし 超針ぶっさし フォームアルファ フォームベータ フォームガンマ
技系統: バランス技 大ダメージ技 大ダメージ技 超必殺技 超必殺技 超必殺技
技タイプ: ちからタイプ ちからタイプ ちからタイプ かしこさタイプ かしこさタイプ かしこさタイプ
消費ガッツ: 10 21 27 35 40 45
ダメージ: D C B C B B
命中: A C C B B C
ガッツダウン: なし D D B A A
クリティカル: なし E E E E D
オススメ度: ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
備考: 初期技 なし 針ぶっさし50回 なし フォームアルファ50回 フォームベータ50回
必要パラメータ: なし ちから なし かしこさ なし なし
なし 250以上 なし 600以上 なし なし

 

 【近距離】:6種類

技名称: たおれこみ 針かみつき ひっかき アタック 2連アタック 3連アタック
技系統: バランス技 大ダメージ技 ガッツダウン技 超必殺技 超必殺技 超必殺技
技タイプ: ちからタイプ ちからタイプ ちからタイプ ちからタイプ ちからタイプ ちからタイプ
消費ガッツ: 12 29 20 35 45 50
ダメージ: D B D B A A
命中: A D C A S S
ガッツダウン: なし C C D D C
クリティカル: なし D E E E E
オススメ度: ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★☆ ★★☆☆☆
備考: 初期技 なし なし なし アタック50回 2連アタック
必要パラメータ: なし ちから ちから・かしこさ ちから・丈夫さ なし なし
なし 500以上 350以上 800以上 なし なし

 

 【遠距離】:3種類

技名称: 大たおれこみ サケビ声 怪光線
技系統: バランス技 命中重視技 クリティカル技
技タイプ: ちからタイプ かしこさタイプ かしこさタイプ
消費ガッツ: 15 25 18
ダメージ: D D C
命中: A S D
ガッツダウン: E D E
クリティカル: なし E C
オススメ度: ★★★★☆ ★★★★★ ★★★☆☆
備考: たおれこみ30回 なし なし
必要パラメータ: なし かしこさ・命中 かしこさ・回避
なし 600以上 350以上

 

 【超遠距離】:6種類

技名称: 超たおれこみ おんぱ わらわら トリオビームX トリオビームY トリオビームZ
技系統: バランス技 命中重視技 ガッツダウン技 クリティカル技 クリティカル技 超必殺技
技タイプ: ちからタイプ かしこさタイプ ちからタイプ かしこさタイプ かしこさタイプ かしこさ技
消費ガッツ: 20 17 37 24 29 40
ダメージ: C D C C B B
命中: B S C C D D
ガッツダウン: E E A E D C
クリティカル: E E E C C A
オススメ度: ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆
備考: 大たおれこみ30回 なし ワル技 なし トリオビームX50回 ヨイ技
トリオビームY50回
必要パラメータ: なし かしこさ・命中 ちから・かしこさ かしこさ・回避 なし なし
なし 350以上 600以上 600以上 なし なし

 

どの技を修得するのがおすすめなの?

超近距離オススメ技:フォームアルファ

技名称: フォームアルファ 評価
技系統: 超必殺技 かしこさ型として育成しているならば、この『フォームアルファ』が非常に使い勝手が良いです。

ダメージがCとそれなりに高く、命中とガッツダウンがそれぞれBとなっており、かなり安定して運用出来る性能となっています。

難点は消費ガッツが35と高く、ガッツ回復能力が低めなモノリス種にとっては気軽に連発出来る技ではないというところでしょうか。

しっかりガッツを溜めて、確実に当てて無駄撃ちにならないようにしましょう。

技タイプ: かしこさタイプ
消費ガッツ: 35
ダメージ: C
命中: B
ガッツダウン: B
クリティカル: E
備考: なし
必要パラメータ: かしこさ
600以上

 

近距離オススメ技:アタック

技名称: アタック 評価
技系統: 超必殺技 純粋な使い勝手を考えれば、モノリス種が修得する技の中で最高峰です。

消費は35と重いですが、命中精度が高くダメージもかなり高めです。

修得条件に丈夫さが含まれていますが、モノリス種は丈夫さが伸びやすいので、修得の際にも苦労する事はありません。

モノリスをちからタイプとして育てるならば、必ず修得しておきましょう。

逆に『アタック』を使う為にちからタイプとして育成しても良いレベルです。

技タイプ: ちからタイプ
消費ガッツ: 35
ダメージ: B
命中: A
ガッツダウン: D
クリティカル: E
備考: なし
必要パラメータ: ちから・丈夫さ
800以上

 

遠距離オススメ技:サケビ声

技名称: サケビ声 評価
技系統: 命中重視技 遠距離では命中精度の高い『サケビ声』が優秀です。

かしこさタイプの技でダメージが低めですが命中精度がずば抜けています。

かしこさを高めに育てているならば必ず修得しておきましょう。

技タイプ: かしこさタイプ
消費ガッツ: 25
ダメージ: D
命中: S
ガッツダウン: D
クリティカル: E
備考: なし
必要パラメータ: かしこさ・命中
600以上

 

超遠距離オススメ技:おんぱ

技名称: おんぱ 評価
技系統: 命中重視技 遠距離と同様にこちらも命中重視技の『おんぱ』がかなり使い勝手の良い技です。

ガッツ消費も少なく、比較的気軽に撃って行けるので開幕の一撃としても有効です。

回避率が低い相手とのバトル後半は同じ距離の『わらわら』と入れ替えて使っていくのも有効ですね。

技タイプ: かしこさタイプ
消費ガッツ: 17
ダメージ: D
命中: S
ガッツダウン: E
クリティカル: E
備考: なし
必要パラメータ: かしこさ・命中
350以上

 

ふむふむ、なるほど・・・じゃあどういう育成の方針を立てれば良いの?

【育成の前に】 疲労やストレスを解消して長生きさせよう!

育成に慣れない内は、Bランクを超えるだけでも精一杯で、モンスターが寿命を迎える事が多々あります。
ほとんどのモンスターは6~7歳程度で寿命を迎えます。
Bランクを超えられず早くに脱落してしまう場合は、知らぬ間に寿命を削っている事がほとんどです。
後述しますが『6歳3ヶ月まで生きる』という点が後々非常に重要になります。

もし『育てているモンスターが長生き出来ないよ!』という方は、当ブログのこちらの記事を参考にしてみて頂けたら幸いです!

↓ 『モンスターを長生きさせられない!』という方は改めてこちらへ! ↓
初心者必見!【モンスターの寿命を延ばすコツ】モンスターファーム2(MF2)攻略

【育成序盤】 第1段階~第2段階:公式戦Eランクで優勝しよう!

最初の目標は公式戦Eランクで優勝する事です。
試合で勝つ為の近道はまず『命中重視技』と『ガッツダウン技』を修得する事です。
命中重視技の修得には命中が、ガッツダウン技の修得にはかしこさが絡んで来ます。
どちらも250~300程度あれば修得可能です。

命中重視技は威力が低い事が多いですが、その分命中率が高いです。
威力が低い点は、ちからタイプならちからを、かしこさタイプならかしこさを鍛えれば解決します。

ガッツダウン技は最初の内はあまり使用しませんが、後半戦で必要になる場面が増えて来ます。
後述する他の理由もありますが、早い段階でかしこさを育てておく事が重要です。

【育成中盤】 第3段階~第4段階:公式戦D~Cランクで優勝しよう!

命中重視技とガッツダウン技の修得を終えたら、Dランク公式戦に挑めるくらいのパラメータになっているはずなので、そのままDランク公式戦をクリアしましょう。

公式戦Dランクを抜けたら、主力となる技の威力を上げる為に命中やちから・かしこさを鍛えましょう。
Cランク辺りまではこれらの技だけでも十分に戦えます。
以降はロクガイガーなど攻撃力に秀でた相手も増えて来るので、回避やライフもしっかりと鍛えておかないと痛い目を見る事になります。

参考までにBランクを超える目安としては、ライフ250・かしこさ350・命中350・回避350程度は欲しいところです。

【育成後半】 成長のピーク①:『黄金モモ』『白銀モモ』を与えよう!

成長のピークを迎えてから必ず行う事は『黄金モモ』と『白銀モモ』を与える事です。
この2つのアイテムが無いと殿堂入りは不可能と言っても過言ではないほど、育成に必須なアイテムです。
この2つのアイテムは、若返ると言った方が分かりやすいでしょうか、モンスターに与えると寿命を巻き戻して長生きさせてくれる効果があります!
黄金モモは50週(≒1年)白銀モモは25週(≒半年)寿命を巻き戻してくれます。
だからと言って……

ただモモを与えれば良い訳ではありません!
何も考えずにモモを与えると、非常に勿体ないです!

モモは与えた時に寿命を巻き戻すのですが、そのまま成長段階も巻き戻ってしまいます。
例えば成長のピークに入った直後に黄金モモを与えて寿命を50週巻き戻すと、丁度50週前の成長段階(第4段階や第3段階)に戻ってしまい、長生きにはなりますが成長のピークと比べてトレーニングの効果が落ちてしまいます。

これは非常に勿体ないので『黄金モモは成長のピークに入って50週経過後』『白銀モモは成長のピークに入って25週経過後』に与えると、成長のピーク開始直後の状態に戻せます!
その分成長のピークが延長されたという事なので、より長生きする上に強いモンスターを育てる事が可能になります!

ではこの2つのモモがどこで手に入るのかと言うと・・・

黄金モモは『パレパレジャングルの冒険』です。
マップ中央付近にある青く細長いキバの塔』の探索で稀に手に入ります。
ただしヨイモンなら200以上ワルモンなら250以上かしこさが必要になります。

白銀モモは6月2週に開催されるシルバー杯』の優勝賞品です。
ただしこのシルバー杯は、育成中のモンスターが6歳3ヶ月以上の年齢でなければ出場出来ません。

 

【大事な事なのでまとめ!】

 

  • 黄金モモは、成長のピークに入ってから50週(1年)経過後に与える!
    • 入手方法は『パレパレジャングルの冒険でキバの塔を探索』すると稀に手に入る!
  • 白銀モモは、成長のピークに入ってから25週(6ヶ月)経過後に与える!
    • 入手方法は年齢が6歳3ヶ月以上のモンスターで『6月2週のシルバー杯に優勝』する!
      『6歳3ヶ月まで生きるのが重要』と先述した理由が、コレです!

【育成後半】 成長のピーク②:公式戦B~Aランクを乗り越えよう!

まずは、モンスターランクがBランク以上になっているので、超必殺技を修得しましょう。
超必殺技には強力な技が多いので、高いランクでの戦いで非常に役に立つ技が多く揃っています。

無事に超必殺技を修得出来たとしても、まだパラメータの課題が残っています。
初心者の壁と言われているBランクになると、次のAランクから相手の強さが急激に上がります。
Aランクを超えるには、ライフ・ちから(かしこさ)・命中・回避のパラメータが少なくとも400以上は欲しい所です。
Aランクでは相手のパラメータが400を軽々と超え、中には600を超える相手もいます。
なおSランクになると、500~700といった数字を見るのが当たり前になります。
そういった相手と渡り合う為に、成長のピークの内に可能な限り鍛えておかないといけません。
パラメータが足りていないと、まともな勝負にすらならず惨敗する事になります。

【育成終盤】 第5段階~第8段階:公式戦Sランク~四大大会・殿堂入りを目指そう!

成長のピークを越えパラメータも十分に鍛え上げられたなら、公式戦Sランクを制覇して四大大会に挑みます。
この時点でパラメータの合計は最低でも3,000程度は欲しいです。
ライフは500、かしこさ・命中・回避の主要なパラメータだけでも700を超えていないと、厳しい洗礼を受ける事になります。
逆に主要なパラメータが700を超えていれば、十分勝機があるとも言えます。

余裕があれば修行や冒険に出て、更なる技の修得や金策、黄金モモの回収も並行して行いましょう。
ついでに6歳3ヶ月を過ぎていれば、シルバー杯に出場して白銀モモも回収しておきましょう。

育成の方向性は分かった!じゃあ次は、どうやって戦うのがオススメ?

バトルではこう立ち回れ!

移動速度が遅くガッツの回復速度も遅いモノリス種ですが、技の性能が非常に良いです。
近距離なら『アタック』が強力ですし、遠距離なら命中精度の高い技が揃っており、ガッツダウンの強力な『わらわら』も控えています。

基本的に苦手な距離はありませんが、移動速度が遅いので相手の得意な距離を取られやすいです。
接近したい時は簡単ですが、距離を空けたい時は上手くふきとばしを利用して戦いましょう。
全ての距離で戦える技を修得しておき、相手に合わせて使い分けると良いです。

どんなタイプが苦手?対策はあるの?

基本的に苦手なタイプは存在しません。

強いて言うなら、短命でパラメータを伸ばし切れない部分を突かれると弱いというところでしょうか。
伸ばしにくい回避を以下にして高く伸ばすかが課題となりますが、敢えて回避を最低限まで捨てて丈夫さで勝負するのも選択肢としてはありです。
その場合はガッツダウン技を受けやすいので距離の調整で上手く立ち回りましょう。

実際に育てるなら、どのモンスターがおすすめなの?

ロンバーウォール(モノリス×ピクシー)がおすすめ!

モノリス種は多くの派生種が存在しますが、中でもピクシー種との派生がおすすめです。

回避の成長適性が向上し、かしこさの伸びも良くなっています。
それでも回避はやや低めですが、ピクシー種と合体してもちからの低下が見られないので、強力な『アタック』なども活かしやすいです。

よし!それじゃあ育成するために円盤石を再生しよう!
ちなみに、レアモンや特殊個体を再生できるCDは何があるの?

「フレデリズム/フレデリック」

 

寿命: 410週 初期技: 大たおれこみ
成長タイプ: 普通
ライフ: 122 D ★★☆☆☆
ちから: 156 C ★★★☆☆
かしこさ: 184 B ★★★★☆
命中: 142 D ★★☆☆☆
回避: 96 D ★★☆☆☆
丈夫さ: 192 A ★★★★★
合計: 892 オススメ度: ★★★☆☆

 

特殊個体による変化

特殊個体共通の長寿が上げられ、純血種と比較すると160週の延長です。
成長タイプは『普通』となっています。

かしこさと命中の成長適性がD⇒C、回避の成長適性がE⇒Dとなっており、パラメータを伸ばしやすくなっています。

特殊個体の寿命はどんな感じ?

素の状態での成長段階と、対応する年齢はおおよそ以下のようになります。

成長段階(普通) 期間 割合 開始年齢 終了年齢
第1段階 10% 0% 0歳0ヶ月 0歳10ヶ月
第2段階 10% 10% 0歳10ヶ月 1歳8ヶ月
第3段階 15% 20% 1歳8ヶ月 2歳11ヶ月
第4段階 15% 35% 2歳11ヶ月 4歳3ヶ月
成長のピーク 10% 50% 4歳3ヶ月 5歳1ヶ月
準ピーク 5% 60% 5歳1ヶ月 5歳6ヶ月
第5段階 10% 65% 5歳6ヶ月 6歳4ヶ月
第6段階 5% 75% 6歳4ヶ月 6歳10ヶ月
第7段階 5% 80% 6歳10ヶ月 7歳3ヶ月
第8段階 15% 85% 7歳3ヶ月 8歳6ヶ月
天寿 0% 100% 8歳6ヶ月 410週

 

『ドミノス』特殊個体はどんな育成計画で育てるの?

【パラメータ面について】

ちからが並、かしこさが伸びやすく丈夫さの成長適性が最高なので攻撃力と防御力が高いです。
しかし命中と回避が低いので成長のピークでいかにここを伸ばせるかが重要になります。

【技の修得(修行)について】

まずは以下の技を修得する事を最初の目標とします。

  • 『大たおれこみ』:『たおれこみ』を30回使用
    • 『超たおれこみ』:『大たおれこみ』を30回使用
  • クリティカル技『怪光線』:かしこさ+回避350以上(70不足)
  • 大ダメージ技『針ぶっさし』:ちから250以上(100不足)
    • 『超針ぶっさし』:『針ぶっさし』を50回使用
  • ガッツダウン技『ひっかき』:ちから+かしこさ350以上(修得可)
  • 命中重視技『おんぱ』:かしこさ+命中350以上(修得可)

『ひっかき』『おんぱ』は、再生直後のパラメータでも修得可能です。
忠誠度が50程度まで上がったら修行に向かいましょう。

『針ぶっさし』は上位技『超針ぶっさし』があるので、まずは優先的にちからを鍛えて早い段階で修得しておき、50回使うようにしましょう。
パラメータの不足分は忠誠度で補う事も出来る
ので、ある程度忠誠度が上がったらそのまま修行に出してしまいましょう。
初期技『たおれこみ』の上位技に『大たおれこみ』『超たおれこみ』があるので、早い段階でそれぞれ30回ずつ使用して修得しておきます。

上記の技修得を終えたら後半戦です。

 

  • クリティカル技『トリオビームX』:かしこさ+回避600以上
    • クリティカル技『トリオビームY』:『トリオビームX』を50回使用
      • 超必殺技『トリオビームZ』:『トリオビームY』を50回使用
  • 大ダメージ技『針かみつき』:ちから500以上
  • ガッツダウン技『わらわら』:ちから+かしこさ600以上
  • 命中重視技『サケビ声』:かしこさ+命中600以上
  • 超必殺技『フォームアルファ』:かしこさ600以上
    • 超必殺技『フォームベータ』:『フォームアルファ』を50回使用
      • 超必殺技『フォームガンマ』:『フォームベータ』を50回使用
  • 超必殺技『アタック』:ちから+丈夫さ800以上
    • 超必殺技『2連アタック』:『アタック』を50回使用
      • 超必殺技『3連アタック』:『2連アタック』を50回使用

この中で上位技につながるのが『トリオビームX』『フォームアルファ』『アタック』の3種類です。
上位技が存在する上記の3種類を優先的に修得して、それぞれの使い込みを進めておきましょう。
『針かみつき』『わらわら』『サケビ声』この3種類は後回しにして問題ありません。
超必殺技3種の使い込みの合間に修得しましょう。

特に『わらわら』はモノリス種唯一のワル技ですが、修得に必要なパラメータが高く序盤に修得するのは困難です。
後半はヨイワルの調整が大変なので、全技修得を目指す場合は『わらわら』の修得は一番最後に回しても良いでしょう。

【冒険について】

前回のラジアル育成で意外と余裕があったので、今回はそれなりに冒険にも時間を割いてみようと思います。
難点はライフの伸びが悪い点ですが、ピークでどうにか伸ばしたいところです。

それじゃあ『ドミノス』の特殊個体を育成をしてみよう!

育成開始時の状態について

  • 育成するモンスター:ドミノス(特殊個体)
  • 再生に使用した円盤石:「フレデリズム/フレデリック」
  • 育成開始年月:1470年8月1週
  • 所持金:1,964,130G
  • ビタミンもどき嗜好:普通
  • ふたごの水差し:9個所持
  • アルテミス像:1個所持
  • 黄金モモ:1個所持
  • 白銀モモ:1個所持
    • 育成開始時所持アイテム総数:12個

『ドミノス』誕生!これからよろしくね!

成長段階『第1段階』:0歳0ヶ月

育成を始めていきます!
初期パラメータはこんな感じ!

ライフ ちから かしこさ 命中 回避 丈夫さ 合計 平均
122 156 184 142 96 192 892 149
D C B D D A

第1段階における各パラメータの成長具合は以下のようになります!

第1段階 成長適性 軽トレーニング 重トレ(メイン) 重トレ(サブ) 修行
ライフ D 1~3 2~2
ちから C 1~4 3~6 2~5
かしこさ B 2~5 5~8 2~3 2~6
命中 D 1~3 2~2 2~5
回避 D 1~3 3~5 2~5
丈夫さ A 3~6 6~9 3~7

成長段階が第1段階の間は、どのパラメータも成長しにくいです。
なのでパラメータの向上は期待せず『忠誠度の向上』『性格の矯正』に重点を置きます。
トレーニングのローテーションは、第1段階の間は重トレーニングは行わずに軽トレーニングのみで進めます。

重トレーニングよりも軽トレーニングの方がストレスの蓄積が少ないので、ズルや失敗を叱った場合のストレスによる影響を抑えられます。
ちなみに叱った際のストレスと、トレーニングで蓄積したストレスは、月初のふたごの水差しとビタミンもどきで解消されます。

なお、ヨイワルはフルーツグミを与えて性格をヨイモンに近付けていきますが、余計なストレスの蓄積を避ける為に、性格がワルの間はトレーニングの失敗はなるべく叱りません。
ヨイワルがワルの時に叱ると、普段以上に多くのストレスを溜め込んでしまい、余計に寿命を削ってしまう為です。
ヨイモンを叱る分にはストレスの蓄積は通常通りなので問題ありません。
ふたごの水差しの効果で自然と恐れ度が上昇していくので、恐れ度を上げる目的でトレーニングの失敗を叱る必要はありません。

 

誕生直後にトーブル海岸の修行へ向かいます。
命中重視技『おんぱ』を修得!

更に『大たおれこみ』の使い込みの為、Eランク公式戦に出場!
忠誠度が低いので意味不明を連発したものの『大たおれこみ』を15回程使用して優勝!
速攻でDランクに昇格しました!
そのままEランク公式戦後に、今度はパレパレジャングルの修行に向かって『ひっかき』を修得しました!

修行の疲労を抜いてからDランク公式戦へ。
『大たおれこみ』30回の使い込みを完了し、何故かDランク公式戦も優勝してしまいました!
あっと言う間にCランクに昇格です!
その後はマンディー砂漠の修行へ行き『針ぶっさし』を修得!

ここで成長段階が第2段階へ移行しました。
中々濃い第1段階でしたが、かなり好調な滑り出しとなりました!

 【全モンスター共通 育成のコツ
成長段階が第1段階の時は何をやっておけば良いの?

繰り返しになりますが、成長段階が第1段階の間はパラメータの伸びが良くありません。
なのでパラメータを伸ばすよりもヨイワルの矯正を優先しましょう。
トレーニングの失敗も多く『甘え度』『恐れ度』の調整もしやすいので『忠誠度の上昇』も重要です。
『フルーツグミ』による性格矯正『アルタケーキ』『ホッカイイラブ』による忠誠度の上昇を行いましょう。
早い段階から冒険に出る事を考えている場合は『スター・プルーン』を与えて人気を高めておく事も重要です。

第1段階の間にパラメータを伸ばすなら『トロロン』を使用しましょう。
『トロロン』は使用すると寿命を6週縮める代わりに4週間の間トレーニング・修行が成功した時に『ちから+10・命中+5』してくれるアイテムです。
成長段階が第1段階目の時は、成長適性がAであってもトレーニングでパラメータが10以上伸びる事は無いので、かなり効率良く育てられるようになります。

以上をまとめ、優先度としては次のようになります。

  1. 忠誠度の上昇
    1. 育成方針が『あまい・溺愛・超溺愛』の時⇒『ホッカイイラブ』を与える。
    2. 育成方針が『きびしい・スパルタ・超スパルタ』の時⇒『アルタケーキ』を与える。
  2. 性格の調整
    1. ヨイワルが『ワル』の時⇒『フルーツグミ』を与える。
  3. 人気の調整
    1. 人気を上げたい時⇒『スタープルーン』を与える。
  4. トロロン育成
    1. ちから・命中を上げたい時⇒『トロロン』を与える。

 【トロロンなどを使用しながら育成する際の注意事項】

  • 毎週軽トレーニングを行うこと。
  • トレーニングで失敗をしても決して叱らないこと
  • 逆にズルは叱り大成功したら必ず褒めること
  • 2週間に1度オイリーオイルを与えて疲労を解消させることを忘れずに。
  • ストレスは一定数以上のふたごの水差しとビタミンもどきで完全回復出来るので気にする必要はありません。

 ●公式戦『Eランク』に挑戦!●

挑戦する目安【合計:706 推奨:816 平均:117】

Eランク公式戦に挑戦します!

VS【ユノムール】

パラメータ ユノムール コメント
ライフ 152
  • 【パラメータ】
    • モッチー種らしく全体的にバランスの取れたパラメータをしています。
  • 【得意距離】
    • 修得しているのが初期技のみなので、近距離に技を持ちません。
  • 【戦い方】
    • 極力接近して威力が低い『もんた』の誘発を狙いましょう。
ちから 135
かしこさ 127
命中 161
回避 158
丈夫さ 138
合計 871
平均 145

 

VS【リオーン】

パラメータ リオーン コメント
ライフ 88
  • 【パラメータ】
    • ライフや丈夫さが低めですが、命中や回避が高めです。
  • 【得意距離】
    • 近距離・超近距離に技を持ちます。
      どちらも威力は低いので、相手の攻撃を誘発してガッツの消耗を狙いましょう。
  • 【戦い方】
    • 若干回避が高めなので、命中の高い技を使用して確実に攻撃を当てて行きましょう。
ちから 103
かしこさ 127
命中 152
回避 144
丈夫さ 77
合計 691
平均 115

 

VS【ナッツ】

パラメータ ナッツ コメント
ライフ 57
  • 【パラメータ】
    • ハム種らしくちからと回避に秀で、丈夫さが低いです。
  • 【得意距離】
    • ナッツは近距離の攻撃技が無く、遠距離にしか攻撃手段を持ちません。
  • 【戦い方】
    • こちらから積極的に接近する事で、ナッツの攻め手を封印する事が出来ます。吹き飛ばされて距離が空かないように、近過ぎず遠過ぎない距離で立ち回りましょう。
ちから 139
かしこさ 57
命中 104
回避 141
丈夫さ 47
合計 545
平均 90

 

VS【ハリキックス】

パラメータ ハリキックス コメント
ライフ 156
  • 【パラメータ】
    • ちからとかしこさ以外が平均水準です。攻撃力があまりないので戦いやすい相手でしょう。
  • 【得意距離】
    • 超近距離に『ひっかく』近距離に『しっぽうち』を持っています。『しっぽうち』がやや強めなので気を付けましょう。
  • 【戦い方】
    • なるべく『ひっかく』を誘発するように超近距離を維持しながら、ガッツを溜めて攻撃しましょう。
ちから 107
かしこさ 94
命中 149
回避 138
丈夫さ 133
合計 777
平均 129

 

VS【オクレイマン】

パラメータ オクレイマン コメント
ライフ 199
  • 【パラメータ】
    • ライフ・ちから・回避が高くダメージを与えにくいです。
  • 【得意距離】
    • 超遠距離以外全ての距離に技を持っており、中でも遠距離の『マッハパンチ』が強力です。
  • 【戦い方】
    • 遠距離から放たれる『マッハパンチ』はかなりの威力を持つので、なるべく離れずに戦いましょう。
ちから 158
かしこさ 23
命中 55
回避 147
丈夫さ 81
合計 663
平均 110

 

VS【ロンター】

パラメータ ロンター コメント
ライフ 121
  • 【パラメータ】
    • かしこさと命中が高く、なめるを修得しています。
  • 【得意距離】
    • 近距離にかしこさ技が2種類あります。『ツバはき』は命中率が高く『なめる』はガッツを大きく削られます。
  • 【戦い方】
    • なるべく近距離ではなく超近距離で『しっぽアタック』を誘発するように立ち回りましょう。
ちから 96
かしこさ 150
命中 129
回避 86
丈夫さ 95
合計 677
平均 112

 

成長段階『第2段階』:0歳6ヶ月

成長タイプが『普通』の場合、寿命の10%を消費した段階で成長段階が第1段階⇒第2段階に移行します。

ライフ ちから かしこさ 命中 回避 丈夫さ 合計 平均
141 205 214 150 97 192 999 167
+19 +49 +30 +8 +1 0 +107 +18

第2段階における各パラメータの成長具合は以下のようになります!

第2段階 成長適性 軽トレーニング 重トレ(メイン) 重トレ(サブ) 修行
ライフ D 2~5 2~3
ちから C 3~6 6~9 3~7
かしこさ B 4~7 8~11 2~5 4~8
命中 D 2~5 2~3 2~6
回避 D 2~5 4~7 2~6
丈夫さ A 6~9 11~14   5~9

成長段階が第2段階に到達しました!
成長段階第2段階では『成長適性Cのパラメータ』重トレーニングで伸びやすくなります!

『大たおれこみ』の使い込みを終えたので『超たおれこみ』はいつでも修得可能になりました。
超必殺技の修得へ向けて、めいそう+丸太受けでかしこさと丈夫さを鍛えていきます。

『針ぶっさし』の使い込みの為にCランク公式戦へ!
正直パラメータだけをみるとDランク並なのですが……意外と健闘して3勝出来ました。
勿論優勝は出来ませんでしたが『針ぶっさし』の技性能の高さが光りましたね。

パパス雪山の修行に向かい『怪光線』を修得!
これで技修得前半戦は、上位技の『超たおれこみ』『超針ぶっさし』の修得を残すのみとなりました。

『針ぶっさし』の使い込みの為、再びCランク公式戦に出場します!
そして、またまた何故か優勝してしまいました!
パラメータ自体はCランクにギリギリ届いているかどうかというレベルなのですが……
やっぱりモノリス種は技の性能が良いですね。
肝心の『針ぶっさし』の使い込みは、44回であと少し及ばず。
次回の大会で使い込みを達成しましょう!

命中を強化しつつ『サケビ声』の修得を狙ってトーブル海岸に修行に向かったところ、狙い通り『サケビ声』を修得!
パラメータが足りているか微妙な所でしたが、無事に修得出来て良かったです。

【全モンスター共通 育成のコツ
成長段階ごとに伸ばすパラメータを分けよう!

どんなモンスターにも『成長しやすい能力』『成長しにくい能力』があります。
成長段階が成長のピークに近付くにつれてどのパラメータも成長しやすくなりますが、成長段階が低い内は成長しにくい能力はほとんど伸びません。
なので、成長しにくい能力は成長のピークに近い段階で伸ばすようにするのが基本となります。
では具体的に、伸びやすさと鍛え始めるのはどれくらいのタイミングが良いのでしょうか?

おおよその目安になるのが以下の例です。

成長段階別【軽】トレーニングを始める目安

成長適性 成長値 成長段階
A 3~6 第1段階~
B 4~7 第2段階~
C 6~9 第3段階~
D 6~9 成長のピークのみ
E 4~7 成長のピークのみ

 

成長段階別【重】トレーニングを始める目安

成長適性 成長値 成長段階
A 6~9 第1段階~
B 5~8 第1段階~
C 6~9 第2段階~
D 6~9 第3段階~
E 7~10 成長のピークのみ

 

ほとんどのモンスターは、全てのパラメータの成長適性の内1つ以上は『A』や『B』の適性を持っています。
伸びやすいパラメータは第1段階や第2段階の早い段階から重トレーニング+軽トレーニングで重点的に伸び始めるので良いのですが……
逆に伸びにくいパラメータを伸ばし始めるタイミングが難しいです。
個人的には、上記のタイミングで伸ばし始めるのが良いと考えています。

例えば成長適性がAのパラメータは、成長段階が第1段階~第2段階の間に重点的に伸ばします。
その後第3段階に入ったら適性Dのパラメータを重トレーニングで鍛え、成長のピークに入ったら軽トレーニングも加えるといった具合です。

 

 ●公式戦『Dランク』に挑戦!●

挑戦する目安【合計:932 推奨:1,146 平均:155】

Dランク公式戦に挑戦します!

VS【サクラアート】

パラメータ サクラアート コメント
ライフ 161
  • 【パラメータ】
    • 全てのパラメータが満遍なく高いです。
  • 【得意距離】
    • 『ぺろりん』や『ローリンモッチ』を備え、近距離・遠距離ともに得意です。
  • 【戦い方】
    • 最も被害の少なくなる超近距離で戦いましょう。『もんた』を誘発して他の強力な技を撃たせないように立ち回ると戦いやすくなります。
ちから 188
かしこさ 194
命中 215
回避 167
丈夫さ 202
合計 1,127
平均 187

 

VS【カペラ】

パラメータ カペラ コメント
ライフ 123
  • 【パラメータ】
    • 命中と丈夫さが高く、ライフと回避が低めです。
  • 【得意距離】
    • 超近距離の『突き刺し』が危険です。技そのものの性能は高くありませんが連射性能が凄まじく高いです。
  • 【戦い方】
    • 先述の通り『突き刺し』の連射性能が非常に高いので極力超近距離ではなく近距離で技を撃たせましょう。近距離では比較的ダメージが高めな『Gキューブ』が来る事もありますが、命中率が低めなので『突き刺し』の連発に比べれば可愛いものです。
ちから 165
かしこさ 158
命中 195
回避 111
丈夫さ 217
合計 969
平均 161

 

VS【スリートボム】

パラメータ スリートボム コメント
ライフ 275
  • 【パラメータ】
    • ライフやちから、丈夫さが高く攻撃力やちから技に対する耐性が高いです。
  • 【得意距離】
    • 超近距離での戦いを得意としています。修得している技は超近距離の『あとしまつ』と近距離の『ちょとつもうしん』の2種類です。
  • 【戦い方】
    • 命中の高い『あとしまつ』が厄介なので極力近距離で戦い『ちょとつもうしん』の誘発を狙いましょう。
ちから 223
かしこさ 47
命中 99
回避 49
丈夫さ 182
合計 875
平均 145

 

VS【ハリマオー】

パラメータ ハリマオー コメント
ライフ 110
  • 【パラメータ】
    • 命中が非常に高いです。
      ちから技が主力ですがちからは低めなので被ダメージは少なくなります。
  • 【得意距離】
    • 超近距離に『ジャンプブロウ』を修得していますが、威力は低めです。
  • 【戦い方】
    • ガッツの回復速度が早いので矢継ぎ早に攻撃が飛んで来ますが、どの攻撃も威力は低めなので恐れる事はありません。落ち着いてガッツを溜めて一撃を叩き込みましょう。
ちから 145
かしこさ 165
命中 272
回避 177
丈夫さ 89
合計 958
平均 159

 

VS【パルマー】

パラメータ パルマー コメント
ライフ 215
  • 【パラメータ】
    • ライフが高く、かしこさと命中も高めです。
  • 【得意距離】
    • 遠距離でガッツダウンの『ミツ』超遠距離でクリティカル技の『種ガン』を撃って来ます。
  • 【戦い方】
    • 近距離のちから技はほとんど無害なので、極力接近して戦いましょう。
ちから 31
かしこさ 168
命中 169
回避 113
丈夫さ 40
合計 736
平均 122

 

VS【ヘイルフォール】

パラメータ ヘイルフォール コメント
ライフ 136
  • 【パラメータ】
    • 丈夫さとちからが高く、耐久力があります。反面命中や回避が低くなっています。
  • 【得意距離】
    • 近距離の『パンチ』は連射力があり厄介です。遠距離の『ハサミ』も地味に痛いのでなるべくなら避けた方が良いでしょう。
  • 【戦い方】
    • 近距離の『ニードル』を撃たせるように立ち回りましょう。命中率は高めですが威力が低いのでガッツを浪費させられます。
ちから 150
かしこさ 103
命中 98
回避 74
丈夫さ 278
合計 839
平均 139

 

VS【ウィンストン】

パラメータ ウィンストン コメント
ライフ 86
  • 【パラメータ】
    • かしこさ・命中・回避が高いかしこさ型の相手です。
  • 【得意距離】
    • 高いかしこさから繰り出される『冷気弾』が強力です。クリティカル率も高いので思わぬ大ダメージを被る事もあります。
  • 【戦い方】
    • なるべく近接距離を保ってちから技を受けるようにしましょう。距離を空けられて『冷気弾』を受けると一撃で逆転されかねません。
ちから 104
かしこさ 225
命中 258
回避 211
丈夫さ 82
合計 966
平均 161

 

VS【ミリアム】

パラメータ ミリアム コメント
ライフ 66
  • 【パラメータ】
    • かしこさ・命中・回避が高いかしこさ型です。
  • 【得意距離】
    • 遠距離にガッツダウン技の『投げキッス』超遠距離にクリティカル技の『レイ』を持ちます。『レイ』はかしこさ技なので高いダメージを受ける事も。
  • 【戦い方】
    • 徹底的に近接距離を保ちましょう。『タッチ』『キック』は軽微なダメージしか発生しません。命中も高いので『投げキッス』や『レイ』は脅威となります。
ちから 89
かしこさ 285
命中 222
回避 236
丈夫さ 70
合計 968
平均 161

 

Dランクをクリアするとどうなるの?①

Dランク公式戦で優勝してモンスターランクがC以上になると、以下の条件を満たしていると10月1週にパレパレジャングルへの冒険の誘いが来るようになります!

  • ライフが140以上あること
  • 人気が40以上あること

パレパレジャングルでは寿命を延ばす黄金モモが手に入るので、持っていない時は必ず回収しに行きましょう!

 

Dランクをクリアするとどうなるの?②

Dランク公式戦で優勝してモンスターランクがC以上になると、以下の条件を満たしていると2月1週にトーレス山脈への冒険の誘いが来るようになります!

  • ライフが210以上あること
  • 人気が50以上あること

トーレス山脈の冒険では目立ったアイテムこそ無いものの、高額で売却出来るアイテムがたくさんあります。

冒険による金策に最適で、『銀のかたまり』『金のかたまり』『だんろ石』などが狙い目です!

 

成長段階『第3段階』:1歳0ヶ月

成長タイプが『普通』の場合、寿命の20%を消費した段階で成長段階が第2段階⇒第3段階に移行します。

ライフ ちから かしこさ 命中 回避 丈夫さ 合計 平均
160 211 242 188 108 244 1,153 192
+19 +6 +28 +38 +11 +52 +154 +26

第3段階における各パラメータの成長具合は以下のようになります!

第3段階 成長適性 軽トレーニング 重トレ(メイン) 重トレ(サブ) 修行
ライフ D 3~6 2~4
ちから C 5~8 9~12   5~9
かしこさ B 7~10 12~15 3~6 6~10
命中 D 3~6 2~4 4~8
回避 D 3~6 6~9 4~8
丈夫さ A 9~12 15~18   8~12

成長段階が第3段階に移行しました!
成長段階第3段階では、以下の成長適性が伸びやすくなります。

  • 重トレーニング:成長適性D~A
  • 軽トレーニング:成長適性C~A

トレーニングはめいそう+丸太受けでかしこさと丈夫さを伸ばします。
かしこさは『フォームアルファ』『トリオビーム』修得のため、丈夫さは『アタック』修得のためです。
今回は技修得の為にかなり尖ったパラメータになりそうです。

『針ぶっさし』の使い込みの為、Bランク公式戦に出場します。
結果は最下位……全く勝てる気がしませんでした。
大会明けにカヴァロさんが来訪し、パレパレジャングルの冒険のお誘いが。
大会の疲れが残っているので丁重にお断りし、オイリーオイルをあげてからマンディー砂漠の修行へ向かい『超針ぶっさし』を修得!

疲労を回復したら、続いて再度修行へ。
バランス技の『超たおれこみ』を修得する為に、場所はカウレア火山以外ならどこでも良いのでかしこさを鍛える為にパレパレジャングルに向かいます。
無事に『超たおれこみ』を修得!

しばらくトレーニングを続け、今度はカウレア火山とパパス雪山の修行に向かいます。
強力な超必殺技『アタック』とクリティカル技の『トリオビームX』を修得!
これからは『アタック』『トリオビームX』の使い込みをしつつ『フォームアルファ』『針かみつき』修得の為に、ちからとかしこさを伸ばします。

【全モンスター共通 育成のコツ③
お金が無い!金策するにはどうすれば良いの!?

育成に慣れない内は中々強いモンスターに育て上げる事が出来ず、大会にも勝てなくて中々お金が溜まらない!』なんて方が多いのではないでしょうか?
モンスターを育てる上でお金は必要不可欠ですが、お金はどのようにして稼げば良いのでしょうか?

お金を稼ぐ方法は大きく分けて2通りあります。

金策!大会で稼ぐ!【前半】

育てているモンスターを大会に出場させて、その優勝賞金を得るという最もシンプルな方法ですね。
その為にはもちろん、大会で優勝出来るほどの強いモンスターを育てなければなりません。

『強いモンスターを育てるのって難しそう……』

そうですよね、ここを読まれている方の中には、今まさにそれで悩んでいる方もいると思います。
でも、逆の発想をしてみましょう。

『定期的に開催される大会で勝てる大会で勝って、とにかく食い繋げば良い』

これだけなんです。

『いやいや、そんな簡単に大会って勝てないでしょ?』

『そもそも大会で勝てていればお金が無くて困ってないよ!』

って思います?
ところが大会って、初期パラメータでも勝つだけなら結構簡単に勝てたりするんです。(ちょっと運も絡んで来ますけど)
という事で、まずは『勝てる大会で勝って賞金を得て食い繋ごう作戦』です!

じゃあ具体的にどうすれば良いの?という話になって来ます。
まずはどの大会に出場するのが良いのかを考えてみましょう。
先述したように『定期的に開催される大会で勝って食い繋ぐ』事が重要です。
この『定期的に開催される』という部分が重要で、お金の収支に直接影響する部分です。
モンスターファーム2の世界では毎年決まったタイミングで大会が開催されていますが、その周期は1年もあるので、出場する大会スケジュールの管理をするのも大変です。
なのでここでは3ヶ月に1度開催される『各ランクの公式戦』に焦点を当てます。

最低ランクのEランクは優勝賞金+勝利賞金で優勝すると750Gもらえます。
この750Gで3ヶ月後のEランク公式戦までやりくりする計画を立てます。
え?コルトから『下のランクに挑戦すると人気が下がるって言われる』って?
良いんです!
お金が無ければファームの運営が成り立たなくなってゲームオーバーになってしまいます。
そうなるくらいなら、恥を忍んで下位のランクで暴れてやりましょう。
上のランクを目指すのはその後です。

ということで、まずエサについて。
モンスターファーム2のエサは6種類あり、それぞれの値段が以下になります。

  • ジャガもどき:10G
  • ミルクもどき:50G
  • サカナもどき:100G
  • ゼリーもどき:150G
  • ニクもどき:300G
  • ビタミンもどき:500G

エサは高価なビタミンもどきやニクもどきは不可能です。
300Gするニクもどきは2ヶ月、ビタミンもどきは500Gなので1回だけでおしまいです。
なので支出的に見るとエサは以下の4種類になります。

  • ジャガもどき
  • ミルクもどき
  • サカナもどき
  • ゼリーもどき

次にどのエサを与えるのが良いのでしょうか?
標準的なエサはサカナもどきですが、基本的に好きなエサを与えましょう。
複数好きなエサがある場合は、値段が高いほどモンスターのストレスを解消する効果が高いです。
『ジャガもどき』『ミルクもどき』はストレスの解消効果が低いので『サカナもどき』か『ゼリーもどき』の内好きな方を与えましょう。
ここでは『サカナもどき』を与えると仮定します。
これで次の公式戦までの3か月間でエサでの消費は『サカナもどきの100G×3ヶ月分で300Gです。

次にトレーニングのローテーションですが以下のように組みましょう

  • 1週目:軽トレーニング・公式戦の後なら休養
  • 2週目:軽トレーニング
  • 3週目:軽トレーニング・公式戦の前は休養
  • 4週目:休養・公式戦

ここで重要なのは休養で、特に『4週目に休養する時は必ず夏美草を与えてから休養することです。
夏美草にはストレスを半減してくれる効果があるので、軽トレーニング×3で蓄積したストレスを半減し、疲労も含めて休養とエサでストレスを完全に回復させてくれます。
なお、大会ではストレスを大幅に解消する効果もあるので、大会前の休養では夏美草を与える必要はありません。
夏美草はショップで200Gで販売しています。
公式戦が3ヶ月に1度開催され、夏美草を与える回数は2回なので400Gあれば足ります。
サカナもどきの300Gと夏美草の400G、合わせて700Gです。

なので3ヶ月に1度のEランク公式戦で得られる収入だけで、十分育成していけます。

続いて大会でお金を稼ぐ為に必要なトレーニングについてです。

身もふたもない言い方をしますが、どの大会でも『回避を上げて相手の攻撃を全て避ければ勝てます』
なので毎月の軽トレーニング×3では『巨石よけ』で回避を徹底して上げましょう。
難易度のバランスが崩壊してしまいますが、極端に言えば999まで上げてしまって良いです。
大会に出場して相手の命中率が1ケタまで下がるようになったらほとんど相手の攻撃は当たらないので、今度は『しゃてき』で命中を上げてこちらの攻撃を確実に当てるようにします。

そうこうしていると自然と回避や命中が上がってEランクで物足りなくなってくると思います。
でもここでDランクやCランクに進むのはまだダメです!
回避や命中が十分に伸びているなと感じたら、そこから必ずライフ・ちから・かしこさを300以上まで育ててからDランクの公式戦に挑戦ましょう。
この準備をしているかしていないかで、このあとの金策が超お手軽』になるか『地獄』を見るか大きく関わります。
今はまだ我慢して質素にトレーニングを続けて、必ず『ライフ・ちから・かしこさ』を300以上にしてからDランク以降の公式戦に挑戦しましょう!

育成のコツ④に続きます!

 ●公式戦『Cランク』に挑戦!●

挑戦する目安【合計:1,306 推奨:1,488 平均:217】

公式戦Cランクに挑戦します!

VS【ロクガイガー】

パラメータ ロクガイガー コメント
ライフ 201
  • 【パラメータ】
    • ちからに特化したパラメータとなっています。
  • 【得意距離】
    • 全てのちから技が強烈な破壊力を持っています。なるべく距離を離しましょう
  • 【戦い方】
    • ガッツダウン技を修得していれば、ガッツロックを狙いましょう。ライフ200程度では一撃KOされる事も珍しくありません。
ちから 442
かしこさ 129
命中 66
回避 51
丈夫さ 314
合計 1,203
平均 200

 

VS【ガンバーン】

パラメータ ガンバーン コメント
ライフ 165
  • 【パラメータ】
    • かしこさと命中が高く、かしこさ技に注意が必要です。
  • 【得意距離】
    • 超近距離『ベロビンタ』近距離『なめる』遠距離『テレパシー』と強力な技が揃っています。どの距離でも戦える万能タイプです。
  • 【戦い方】
    • 被弾するとダメージは大きいですが命中率の低い『ベロビンタ』を誘発しながら戦うのが最も安定します。連続で食らうと非常に厳しいですが、消費ガッツも多いので連発は出来ません。
ちから 245
かしこさ 338
命中 324
回避 245
丈夫さ 119
合計 1,436
平均 239

 

VS【レックネン】

パラメータ レックネン コメント
ライフ 260
  • 【パラメータ】
    • ライフ・ちから・回避が非常に高いです。反面丈夫さが非常に低く打たれ弱くなっています。
  • 【得意距離】
    • 超近距離~遠距離までバランス良く技を修得しており、苦手な距離はありません。
  • 【戦い方】
    • 回避が高いので命中重視技で攻めていきましょう。ライフも高くダメージレースで優位に立つのは難しいですが、しっかりガッツを溜めてじっくり丁寧に攻撃していけば十分戦える相手です。
ちから 255
かしこさ 177
命中 170
回避 290
丈夫さ 95
合計 1,247
平均 207

 

VS【ザンバー】

パラメータ ザンバー コメント
ライフ 262
  • 【パラメータ】
    • かしこさと回避以外のパラメータが高く、Cランクの中でも上位のパラメータを持っています。
  • 【得意距離】
    • 近距離ではちからタイプ、遠距離では『ファイアボール』による強烈な一撃を備えています。
  • 【戦い方】
    • 『ファイアボール』による事故は怖いですが、消費するガッツは多く命中率は高くないので積極的に『ファイアボール』の射程に入って誘発しましょう。ガッツが少なくなったら溜めたガッツを解放して一気に攻撃します。
ちから 275
かしこさ 184
命中 266
回避 190
丈夫さ 309
合計 1,486
平均 247

 

VS【ピボルス】

パラメータ ピボルス コメント
ライフ 424
  • 【パラメータ】
    • ライフが突出しており、命中と回避も高めです。ちからやかしこさ、丈夫さは低くなっており、どの技でもピボルスに十分なダメージを与えられます。
  • 【得意距離】
    • 遠距離にガッツダウン技の『ねずみ花火』が、超遠距離に命中重視技の『ショットガン』があります。極力近距離を維持しましょう。
  • 【戦い方】
    • ちからとかしこさが低いのでどの技も小さなダメージで済みます。しかしライフが高いのでこちらも攻撃力を上げていかないとダメージレースで負けてしまいます。地味に高い回避も厄介なので、しっかりとガッツを高めて確実にライフを削りに掛かりましょう。
ちから 115
かしこさ 108
命中 287
回避 255
丈夫さ 45
合計 1,234
平均 205

 

VS【ワーランモ】

パラメータ ワーランモ コメント
ライフ 355
  • 【パラメータ】
    • ライフとちからが高く、他は平均以下というパラメータです。
  • 【得意距離】
    • 近距離においてちから技を有しているので遠距離で戦うのが良いです。
  • 【戦い方】
    • 遠距離を維持しつつ、ダメージを与えたら『パクパクバナナ』の誘発を狙いましょう。ライフ回復技ですが、成功率が低いので大きくガッツを消耗させられます。
ちから 308
かしこさ 135
命中 195
回避 178
丈夫さ 199
合計 1,370
平均 228

 

VS【サスベイン】

パラメータ サスベイン コメント
ライフ 199
  • 【パラメータ】
    • ちからと命中が高く、一撃の威力と命中率が高くなっています。
  • 【得意距離】
    • 超近距離・近距離共にちから技を持つので接近戦が得意です。特に『突き』には十分注意しましょう。
  • 【戦い方】
    • とにかくガッツを溜めましょう。相手のどの技も威力が高いので少しでも回避率を向上させ被ダメージを軽減しましょう。
ちから 295
かしこさ 43
命中 366
回避 117
丈夫さ 175
合計 1,195
平均 199

 

VS【ヒョーウエ】

パラメータ ヒョーウエ コメント
ライフ 127
  • 【パラメータ】
    • かしこさと回避に特化したパラメータをしています。
  • 【得意距離】
    • 『仙酒火』を使用可能な近距離を得意としています。
  • 【戦い方】
    • とにかく『仙酒火』を使わせないようにしましょう。かしこさの高さと相まって酷いダメージを被る事になります。回避は高いですがライフが低いので、命中重視技で確実に仕留めてしまいましょう。
ちから 128
かしこさ 399
命中 144
回避 375
丈夫さ 101
合計 1,274
平均 212

 

VS【ニコレ】

パラメータ ニコレ コメント
ライフ 251
  • 【パラメータ】
    • 命中と回避が高く、ライフもそれなりにあります。一撃一撃は重くありませんが、命中率の高さには注意です。
  • 【得意距離】
    • 近距離よりも遠距離が得意です。開幕にガッツダウンの『ニャーにゃー』を当てられると大幅にガッツを削られてしまいます。
  • 【戦い方】
    • なるべく近接戦闘を仕掛けましょう。ちからが低いので被ダメージは小さく抑えられます。回避が高く中々攻撃が命中しないので、命中重視技を中心に攻撃して行きましょう。
ちから 166
かしこさ 185
命中 333
回避 340
丈夫さ 95
合計 1,370
平均 228

 

VS【オフリィ】

パラメータ オフリィ コメント
ライフ 111
  • 【パラメータ】
    • かしこさ・命中・回避が高いかしこさ型のモンスターです。
  • 【得意距離】
    • 遠距離の『ハトのおとしもの』が強力です。超遠距離の『カード』も地味にダメージを与えて来ます。
  • 【戦い方】
    • なるべく接近して戦いましょう。ちから技で受けるダメージは僅かなので、遠距離のかしこさ技を受けない距離を維持しつつ攻撃して行きましょう。
ちから 75
かしこさ 293
命中 321
回避 369
丈夫さ 44
合計 1,213
平均 202

 

Cランクをクリアするとどうなるの?①

修行場に新しく『カウレア火山』が追加されます。
カウレア火山では『超必殺技』を修得する事が出来、ここから先の大きな力になってくれます。

Cランクをクリアするとどうなるの?②

Cランク公式戦で優勝してモンスターランクがB以上になると、以下の条件を満たしていると6月1週にカウレア火山への冒険の誘いが来るようになります!

  • ライフが280以上あること
  • 人気が50以上あること

カウレア火山の冒険では目立ったアイテムこそ無いものの、高額で売却出来るアイテムがたくさんあります。

冒険による金策に最適で、『円盤石のかけら(ヒノトリやドラゴン)』『銀のかたまり』『金のかたまり』などが狙い目です!

 

成長段階『第4段階』:1歳10ヶ月

成長タイプが『普通』の場合、寿命の35%を消費した段階で成長段階が第3段階⇒第4段階に移行します。

ライフ ちから かしこさ 命中 回避 丈夫さ 合計 平均
199 255 339 199 120 439 1,551 259
+39 +44 +97 +11 +12 +195 +398 +66

第4段階における各パラメータの成長具合は以下のようになります!

第4段階 成長適性 軽トレーニング 重トレ(メイン) 重トレ(サブ) 修行
ライフ D 4~7 2~4
ちから C 6~9 11~14   5~9
かしこさ B 8~11 15~18 4~7 6~10
命中 D 4~7 2~4 4~8
回避 D 4~7 8~11 4~8
丈夫さ A 11~14 19~20   8~12

成長段階第4段階到達です!

成長段階第4段階では、以下のトレーニングで対応する適性のパラメータが伸びやすくなります。

  • 重トレーニング:成長適性E~A
  • 軽トレーニング:成長適性C~A

新たに修得した技の使い込みを進めるべく、Bランク公式戦に出場します!
今回の戦果は『アタック』16回!
ガッツ回復速度が非常に遅いので、消費が重い超必殺技の使い込みが難儀しそうです。

とりあえず、しばらくの間は技の使い込み期間になるので、パラメータを全体的に安定させましょう。
変動ゆかで回避を大きく引き上げつつかしこさも伸ばします。
軽トレーニングはライフと命中を伸ばす為に走り込みとしゃてきをしつつ、変動ゆかでちからが下がり過ぎないように適度にドミノ倒しもしましょう。

3ヶ月が経過し、再びBランク公式戦に挑戦します!
今回で『アタック』の使い込み回数は30回。
1試合に2~3回しか使えないので、中々回数が増えて行かないですね。
そして大会後に恒例のカヴァロさん来訪。
今回も丁重にお断りさせて頂きました。

三度Bランク公式戦への挑戦です!
と言っても『アタック』の使い込みをするのが目的なので優勝は見ていませんが、果たして今回は何回使い込めるでしょうか。
なんと、今回で50回の使い込みを達成しました!
優勝決定戦で1試合分多く戦えたのが大きかったですね。
Bランクも優勝してしまいましたが、流石にAランクには全然歯が立たないのでしばらくBランクを相手に使い込みを進めます。

大会後にオイリーオイルを与えてカウレア火山の修行へ!
『2連アタック』を修得してくれました!
次は『トリオビームX』の使い込みを進めます。

という事でBランク公式戦。
今度は『トリオビームX』の使い込みです。
今回は19回使用出来ました!
『アタック』と比べて消費ガッツが少ないので、その分多く使用出来た印象です。

『トリオビームX』の使い込みの為、再びBランク公式戦に出場します。
パラメータがかなり伸びて来ているので、Bランクでも安定して戦えるようになってきました。
今回で『トリオビームX』は39回使用となりましたが、そろそろAランク公式戦で戦っても良いかもしれません。

【全モンスター共通 育成のコツ④
お金が無い!金策するにはどうすれば良いの!?

金策!大会で稼ぐ!【後半】

前回からの続きとなります。
エサにサカナもどきを与えて、4週目に夏美草+休養。
3ヶ月に1度開催されるEランク公式戦で優勝する。
これを繰り返して、資金難ながらも何とかやりくり出来ていると思います。

回避や命中を中心に鍛え、ライフ・ちから・かしこさを300以上まで鍛えられたら、とうとうDランク以上に挑戦していきます。
正直これだけのパラメータがあればDランクは余裕で勝利出来ますが、重要なのはここからです。

Dランク公式戦に出場して優勝すると、C~Bランクの大会に出場する事が出来るようになります。
ここで狙い目になるのが以下の大会です。

  • 7月2週:パパス記念(夏)
  • 10月2週:パパス記念(秋)

優勝賞金がそれぞれ4,000Gあり、優勝賞品で『金のかたまり』『銀のかたまり』がもらえます。
金のかたまりは6,000G、銀のかたまりは4,000Gの売り上げになるので、合わせて18,000Gの利益です。
Bランクの相手と戦う事になるので、下準備としてパラメータの底上げが必要だったという訳です。

 ●公式戦『Bランク』に挑戦!●

挑戦する目安【合計:1,586 推奨:1,854 平均:264】

公式戦Bランクに挑戦します!

VS【ピラトー】

パラメータ ピラトー コメント
ライフ 188
  • 【パラメータ】
    • 丈夫さが非常に高く、ダメージの通りが良くありません。それ以外のパラメータはかなり低く、丈夫さを抜かせばDランク相当のパラメータと言えるでしょう。
  • 【得意距離】
    • どの距離においても、驚異となる技が存在しません。自由に戦いましょう。
  • 【戦い方】
    • 丈夫さが高いので、ダメージの通りが悪いです。ガッツを溜めて、一撃の威力を高めてから攻撃しましょう。回避の低いので、修得したての超必殺技を試し撃つ相手としても最適です。
ちから 229
かしこさ 182
命中 171
回避 165
丈夫さ 564
合計 1,499
平均 249

 

VS【バルーム】

パラメータ バルーム コメント
ライフ 420
  • 【パラメータ】
    • ライフ・ちから・かしこさが高く命中も平均水準とかなり攻撃的なパラメータとなっています。反面回避や丈夫さが引くので防御面に難があります。
  • 【得意距離】
    • 超遠距離と超近距離の命中重視技『ふきとばし』や『かみつき』を受けない位置で戦いましょう。命中も高い上に威力もそれなりにあります。
  • 【戦い方】
    • ある程度近付くようにして戦います。一撃が重く、かつダメージの通りが良くないのでしっかりガッツを高めてから攻撃するようにしましょう。幸い回避が低いので大技も比較的命中しやすいです。
ちから 456
かしこさ 345
命中 291
回避 144
丈夫さ 190
合計 1,846
平均 307

 

VS【アスピン】

パラメータ アスピン コメント
ライフ 270
  • 【パラメータ】
    • かしこさと命中が高く、回避も平均水準まで伸びており典型的なかしこさタイプのパラメータとなっています。
  • 【得意距離】
    • かしこさタイプのパラメータなのですが、主力技が全てちからタイプなので全く脅威ではありません。どの距離においても安全に戦えます。
  • 【戦い方】
    • 回避が高めなので、しっかりガッツを溜めてから命中力の高い攻撃で確実にライフを削りましょう。
ちから 246
かしこさ 369
命中 491
回避 312
丈夫さ 189
合計 1,877
平均 312

 

VS【サンジュラス】

パラメータ サンジュラス コメント
ライフ 225
  • 【パラメータ】
    • ちからとかしこさが高い、攻撃的なパラメータをしています。それ以外のパラメータも軒並みBランクの平均水準に近く、強敵と言えます。
  • 【得意距離】
    • 超近距離では命中重視のかしこさ技『火のカベ』があり、近距離では大ダメージ技のかしこさ技『ハリケーン』、命中重視のちから技『ナックル』があります。吹き飛ばしを活用して、距離を空けながら戦うのが良いでしょう。
  • 【戦い方】
    • かしこさが高いので、極力かしこさ技を避けながら戦うようにしましょう。ライフや回避は低めなので、窮地に陥ったら一か八かで大ダメージ技を仕掛けても良いかも知れません。
ちから 356
かしこさ 481
命中 256
回避 222
丈夫さ 287
合計 1,827
平均 304

 

VS【デューレス】

パラメータ デューレス コメント
ライフ 205
  • 【パラメータ】
    • 丈夫さが突出しており、ちからとかしこさが高いです。反面悲しい程に回避が低く、ほとんどの攻撃が高確率で命中します。
  • 【得意距離】
    • どの距離においても、強力な技はありません。厄介なのは、近距離でのガッツダウン技『ひっかき』くらいです。もし『アタック』を修得していれば、難敵になっていた可能性があるだけに、少し勿体ないですね。
  • 【戦い方】
    • ライフは低めですが、丈夫さが高いのでダメージの通りが良くありません。なるべくガッツを高めてから攻撃しましょう。回避が低いので、命中率の低い強力な攻撃を活用するチャンスでもあります。
ちから 334
かしこさ 326
命中 255
回避 25
丈夫さ 490
合計 1,635
平均 272

 

VS【イプシロン】

イプシロン パラメータ コメント
ライフ 290
  • 【パラメータ】
    • 丈夫さがやや低めですが、平均的に全てのパラメータが高いです。
  • 【得意距離】
    • 全ての距離で満遍なくダメージ・命中の高い技が揃い、苦手な距離がありません。
  • 【戦い方】
    • 開幕にガッツダウン技の『マイクロウェーブ』を撃って来る事が多いです。その後は接近戦なら『レーザーカッター』に警戒しましょう。基本的にどの攻撃も命中率が高く威力も伴っているのでどこにいても危険です。ガッツを溜めて強力な技で速やかにKOしましょう。
ちから 375
かしこさ 311
命中 369
回避 357
丈夫さ 242
合計 1,944
平均 324

 

VS【ロベニール】

パラメータ ロベニール コメント
ライフ 398
  • 【パラメータ】
    • 回避以外のパラメータが軒並み高く、中でもライフが抜きん出ています。
  • 【得意距離】
    • ロベニール戦ではとにかく距離を詰めましょう。遠距離にいると厄介なガッツダウン技『毒注入』『毒ガス』といったそれなりのダメージを伴うガッツダウン攻撃をして来ます。
  • 【戦い方】
    • ライフは高いですが、回避が低いという弱点を突きましょう。近接距離を保ちつつ、ガッツを溜めて大ダメージ技で一気にライフを削っていきましょう。
ちから 312
かしこさ 366
命中 295
回避 145
丈夫さ 270
合計 1,786
平均 297

 

VS【チラベール】

パラメータ チラベール コメント
ライフ 320
  • 【パラメータ】
    • ライフとかしこさが高く、耐久力があります。
  • 【得意距離】
    • 超遠距離の『種ガン』や遠距離の『ミツ』などを軸に攻撃して来ます。
  • 【戦い方】
    • 近距離に一度っていれば被ダメージを最小限に抑えられます。なるべく距離を空けないように立ち回りましょう。
ちから 149
かしこさ 345
命中 237
回避 166
丈夫さ 115
合計 1,332
平均 222

 

VS【リキエル】

パラメータ リキエル コメント
ライフ 225
  • 【パラメータ】
    • ちから・命中・回避が高く、典型的なパワーファイターといったパラメータをしています。
  • 【得意距離】
    • 超近距離に命中Sの『正拳』、近距離にダメージAの『レフトナックル』、遠距離に命中Sの『ワン・ツー』を持ちます。
  • 【戦い方】
    • どの距離にいても強力な技が来ます。命中が高く威力も高いです。『レフトナックル』は命中こそ低いですが、軽々と200を超えるダメージを叩き出すので回避に自信が無ければ絶対に出させないようにしましょう。
ちから 405
かしこさ 213
命中 366
回避 310
丈夫さ 144
合計 1,663
平均 277

 

VS【グールシャイン】

パラメータ グールシャイン コメント
ライフ 244
  • 【パラメータ】
    • かしこさ・命中・回避が高いかしこさ型です。やや回避が低めな分ライフやちからもそれなりにあり、全体的にバランスの取れたパラメータとなっています。
  • 【得意距離】
    • 超遠距離の『ブリザード』や『吠え』が強力です。遠距離の『冷気弾』にも注意しましょう。
  • 【戦い方】
    • なるべく接近して戦いましょう。遠距離に比べると、近距離ならまだダメージを抑えられます。ライフや丈夫さが低めなので命中率の高い技で確実にライフを削り取っていきましょう。
ちから 257
かしこさ 455
命中 469
回避 340
丈夫さ 177
合計 1,942
平均 323

 

成長段階『成長のピーク①』:2歳11ヶ月
成長適性の低いパラメータを優先して鍛えよう!

成長タイプが『普通』の場合、寿命の50%を消費した段階で成長段階が第4段階⇒成長のピークに移行します。

ライフ ちから かしこさ 命中 回避 丈夫さ 合計 平均
278 255 457 260 317 501 2,068 345
+79 0 +118 +61 +197 +62 +517 +86

成長のピークにおける各パラメータの成長具合は以下のようになります!

成長ピーク 成長適性 軽トレーニング 重トレ(メイン) 重トレ(サブ) 修行
ライフ D 6~9   2~5  
ちから C 8~11 14~17   8~12
かしこさ B 11~14 19~20 6~9 10~14
命中 D 6~9   2~5 7~11
回避 D 6~9 11~14   7~11
丈夫さ A 14~15 20~20   13~15

成長のピークに入りました!

パラメータが伸びやすい成長のピークの間に、変動ゆか・重り引きで回避とちからを中心に引き上げていきましょう。
しゃてきで伸びにくい命中を伸ばすのも忘れずに。

まずは、かしこさが伸びて来ているのでカウレア火山の修行に向かって『フォームアルファ』を修得します。

修行を終えて疲労を癒したらAランク公式戦へ。
『トリオビームX』と『フォームアルファ』の使い込みを行います。
思っていた以上に善戦出来て、2位になりました!
『トリオビームX』は50回使用を達成!
『フォームアルファ』は9回使用出来ました!
大会終了後、恒例のカヴァロさんのお誘いを蹴ってパパス雪山の修行へ!
無事に『トリオビームY』を修得!

再度Aランク公式戦で『フォームアルファ』の使い込みです。
今回は25回の使い込みを達成!
丁度半分ですね。
あと2回は公式戦に出場しないと50回の達成は出来なさそうです。

大会後にオイリーオイルを与えてマンディー砂漠の修行に向かいます。
ここで大ダメージ技の『針かみつき』を修得しました!

三度Aランク公式戦に挑戦です!
今回で『フォームアルファ』の使い込みは40回になりました!
次回の公式戦で使い込み完了の見込みです!

そして四度目となるAランク公式戦への挑戦!
今回で『フォームアルファ』使い込みが完了する予定なので『2連アタック』『トリオビームY』も一緒に使って行きます。
『フォームアルファ』の使い込みを完了し、ついでにAランク公式戦にも優勝!

 ●公式戦『Aランク』に挑戦!●

挑戦する目安【合計:2,365 推奨:2,802 平均:394】

Aランク公式戦に挑戦します!

VS【キティー】

パラメータ キティー コメント
ライフ 286
  • 【パラメータ】
    • かしこさ・命中・回避が高い、典型的なかしこさ型のパラメータとなっています。
  • 【得意距離】
    • 近距離・遠距離・超遠距離の3距離でかしこさ技を有しています。
  • 【戦い方】
    • 徹底的に超近距離を保ちましょう。近距離では超必殺技の『バン』が、超遠距離では大ダメージ技の『フレイム』が来ます。どちらも当たると致命傷になりかねないので、何としても範囲外で戦いましょう。
ちから 278
かしこさ 627
命中 501
回避 519
丈夫さ 225
合計 2,436
平均 406

 

VS【カタリーナ】

パラメータ カタリーナ コメント
ライフ 346
  • 【パラメータ】
    • かしこさと命中が高く、ライフやちからもやや高めとなっています。
  • 【得意距離】
    • 超近距離・超遠距離共に超必殺技の『食う』『歌う』、更に『ベロビンタ』『熱視線』といった大ダメージ技もあります。
  • 【戦い方】
    • なるべく中間の距離を維持しながら戦いましょう。近付き過ぎたり離れ過ぎると強力な技の餌食になります。回避が低いので逆にこちらが強烈な攻撃をお見舞いするのも有効です。
ちから 338
かしこさ 571
命中 515
回避 205
丈夫さ 157
合計 2,132
平均 355

 

VS【アーキュロン】

パラメータ アーキュロン コメント
ライフ 383
  • 【パラメータ】
    • 丈夫さや回避・命中が高く、全体的に整ったパラメータをしています。
  • 【得意距離】
    • 命中Sの『地雷針』を持つ超近距離が警戒範囲です。他には近距離の技も比較的命中が良いですが、威力が伴いません。
  • 【戦い方】
    • 丈夫さに加えてちからやかしこさもそれなりにあるので、中々ダメージが通りません。かといって回避も高いので大ダメージ技で一気にライフを削るのも得策ではありません。ガッツを高めて命中重視技でじっくりライフを削っていきましょう。
ちから 401
かしこさ 302
命中 418
回避 425
丈夫さ 500
合計 2,429
平均 404

 

VS【ラムスイート】

パラメータ ラムスイート コメント
ライフ 370
  • 【パラメータ】
    • 全てのパラメータが全体的に高く、安定した強さを持ちます。
  • 【得意距離】
    • モッチー種は遠距離・超遠距離に強力なかしこさ技を持ち、近距離はちから技が多いです。
  • 【戦い方】
    • 超遠距離の超必殺技『モッチ砲』に警戒しましょう。それ以外の技は回避を上げていれば怖くありません。
ちから 415
かしこさ 451
命中 509
回避 541
丈夫さ 446
合計 2,732
平均 455

 

VS【シャーキン】

パラメータ シャーキン コメント
ライフ 404
  • 【パラメータ】
    • ちから・かしこさ・命中が高く、非常に攻撃的なパラメータです。ライフも高めとなっています。
  • 【得意距離】
    • 近距離に強力な技が多く、なるべく距離を空けて戦いたいところです。
  • 【戦い方】
    • 一撃一撃が重く命中率も高いです。なるべく距離を空けてガッツを高める時間を稼ぎましょう。ガッツさえ溜まってしまえば、回避の低さを突いて強力な技を繰り出して大ダメージを与えて倒しましょう!
ちから 481
かしこさ 527
命中 542
回避 199
丈夫さ 288
合計 2,441
平均 406

 

VS【カプラン】

パラメータ カプラン コメント
ライフ 218
  • 【パラメータ】
    • 回避が特に高く、命中も高いです。反面丈夫さやライフは低く、非常に紙装甲となっています。
  • 【得意距離】
    • 全体的に威力が低めの技が多く、どの距離でも怖くありません。
  • 【戦い方】
    • ガッツ回復速度が非常に早いですが、厄介な技は無いので好きに撃たせましょう。超近距離で『自爆』される事もありますが、まず当たらないので誘発させてガッツの浪費を狙うのも有効ですし、自爆ダメージも与えられて一石二鳥です。威力がとんでもないので、当たると即死しますが。
ちから 345
かしこさ 417
命中 471
回避 585
丈夫さ 181
合計 2,217
平均 369

 

VS【シヴァ】

シヴァ パラメータ コメント
ライフ 364
  • 【パラメータ】
    • ちからとかしこさに特化している超攻撃的なモンスターです。
  • 【得意距離】
    • 命中は低いですが、全ての距離の技が高威力となっています。
  • 【戦い方】
    • 命中が低いので基本的に攻撃は当たりません。事故的にヒットするととんでもないダメージを受けるものもあるので、その時は運が悪かったと諦めましょう。ガッツの回復速度が遅いので、ガッツダウン技でガッツロックを仕掛けると優位に立てます。
ちから 607
かしこさ 615
命中 351
回避 223
丈夫さ 333
合計 2,493
平均 415

 

VS【ゴートレック】

パラメータ ゴートレック コメント
ライフ 485
  • 【パラメータ】
    • ライフとちからが高いパワータイプです。反面命中や回避が低くなっています。
  • 【得意距離】
    • 近距離だと命中率が高めの技が多いので、遠距離中心に戦いましょう。
  • 【戦い方】
    • 近距離では命中がやや高めの技を使うので、距離を離しつつ戦いましょう。開幕の『ぐるぐるプレス』は、命中が低いですが当たると痛いです。
ちから 611
かしこさ 219
命中 174
回避 206
丈夫さ 321
合計 2,016
平均 336

 

成長段階『成長のピーク②』:3歳11ヶ月
黄金モモで成長のピークを延長するよ!

成長のピークに入って1年が経過したので、黄金モモを与えて成長のピークのを巻き戻しを行います!

黄金モモを使った後は、次の育成の為に必ずパレパレジャングルの冒険で黄金モモを入手しておきましょう!

ライフ ちから かしこさ 命中 回避 丈夫さ 合計 平均
355 424 546 352 456 571 2,704 451
+77 +169 +89 +92 +139 +70 +636 +106

 

黄金モモ投与時点で、未収得の技が以下の5種類です。

  • 『トリオビームZ』
  • 『フォームベータ』
  • 『フォームガンマ』
  • 『3連アタック』
  • 『わらわら』

『わらわら』はパラメータ条件は満たしているので、ヨイワル調整を行えば修得可能になります。
『フォームベータ』は『フォームアルファ』の使い込みを終えているので、こちらはいつでも修得出来る状態です。
なので、残るは使い込みを要する3種類のみです。

黄金モモを与えた後に、疲労を癒したらカウレア火山の修行に向かい『フォームベータ』を修得!
これも改めて見てみると、モノリス種の技性能の壊れ具合が良く分かりますね。

Sランク公式戦に挑戦!
したのは良かったのですが、ライフと命中、回避の低さから手も足も出ませんでした。
そしてガッツ回復速度が遅いので、ガッツ消費が45の『2連アタック』は、1度の試合中に2回使用出来れば上出来という有様……。
現在の使用回数は12回と、技修得までの道のりはかなり長そうです。

 ●公式戦『Sランク』に挑戦!●

挑戦する目安【合計:3,007 推奨:3,282 平均:501】

Sランク公式戦に挑戦します!

VS【ザグレフ】

パラメータ ザグレフ コメント
ライフ 455
  • 【パラメータ】
    • 全体的に隙が無く、全てのパラメータが高いです。
  • 【得意距離】
    • 遠距離には『ファイア・ボール』系の高火力な技、近距離には命中重視の技が揃っています。
  • 【戦い方】
    • 回避が高いならガッツの浪費を狙って遠距離を維持しましょう。そうでなければ近距離で威力の低い命中重視技を誘って戦います。
ちから 529
かしこさ 532
命中 591
回避 504
丈夫さ 415
合計 3,026
平均 504

 

VS【アクアライン】

パラメータ アクアライン コメント
ライフ 705
  • 【パラメータ】
    • ライフが突出して高く、かしこさと命中、回避も高めです。
  • 【得意距離】
    • 遠距離に強力なかしこさ技『デルタアタック』を持っていますが、使用頻度は高くありません。
  • 【戦い方】
    • 近距離には危険な技が無いので、近距離を維持しましょう。ライフが高いので、ガッツを高めて一撃の威力を上げて一気にライフを削ってしまいましょう。
ちから 361
かしこさ 561
命中 524
回避 466
丈夫さ 398
合計 3,015
平均 502

 

VS【タナトス】

パラメータ タナトス コメント
ライフ 505
  • 【パラメータ】
    • かしこさと命中が突出して高い、かしこさ攻撃特化となっています。
  • 【得意距離】
    • 遠距離に『デスカッター』超遠距離に『デスエナジー』を所持しています。
  • 【戦い方】
    • 上記2種のかしこさ技は非常に危険なので、何としても近距離を維持して戦いましょう。
ちから 431
かしこさ 727
命中 710
回避 404
丈夫さ 271
合計 3,048
平均 508

 

VS【オルドーフ】

パラメータ オルドーフ コメント
ライフ 751
  • 【パラメータ】
    • ライフ・ちから・回避が非常に高く、他のパラメータが軒並み低水準となっています。
  • 【得意距離】
    • どの距離でもちから技があるので当たると痛いですが、命中が低いので脅威ではありません。
  • 【戦い方】
    • とにかくダメージを与えにくいです。回避が高くライフも高いのでライフ割合が中々減りません。ガッツを高く保ち、命中率の高い技でどうにかライフを削りましょう。
ちから 723
かしこさ 251
命中 364
回避 701
丈夫さ 279
合計 3,069
平均 511

 

VS【プロメテウス】

パラメータ プロメテウス コメント
ライフ 434
  • 【パラメータ】
    • ちから・かしこさ・命中が高いという攻撃に特化したパラメータです。
      他のパラメータも最低限は備えており、配分に無駄がありません。
  • 【得意距離】
    • ダメージの低い技は威力が底上げされ、命中が低い技も当たるレベルまで命中率が引き上げられています。
      全ての距離の技が危険です。
  • 【戦い方】
    • とにかく時間を稼いでガッツを高めましょう。
      相手のガッツが切れたタイミングを見計らってラッシュを掛けて一気にライフを削り切りましょう。
      持久戦を挑むと事故に繋がります。
ちから 655
かしこさ 645
命中 655
回避 416
丈夫さ 355
合計 3,160
平均 526

 

VS【ダフィエル】

パラメータ ダフィエル コメント
ライフ 475
  • 【パラメータ】
    • ちから・かしこさ・丈夫さが高くなっていますが、回避はやや低めです。
  • 【得意距離】
    • 超近距離に命中重視技の『火のカベ』系、近距離にも命中重視の『ナックル』系や大ダメージの『ハリケーン』系が揃っています。なるべく距離を空けて戦いましょう。
  • 【戦い方】
    • 一部の技の威力が凄まじいので、しっかりと回避を鍛えてから挑みましょう。丈夫さも高く中々ダメージが通りませんが、ガッツを高めて地道に削っていきましょう。回避が低めなので、大技を当てに行くのも有効です。
ちから 518
かしこさ 665
命中 442
回避 351
丈夫さ 645
合計 3,096
平均 516

 

VS【マホローティ】

パラメータ マホローティ コメント
ライフ 465
  • 【パラメータ】
    • 丈夫さが突出して高く、他のパラメータが低めです。
  • 【得意距離】
    • 強力な技は遠距離のローリンナイトのみですが、肝心のパラメータが低いので威力も命中も出ません。
  • 【戦い方】
    • どう戦っても負ける理由がありません。火力が低く命中・回避も低いので好きに戦いましょう。修得したての超必殺技の試し撃ちの的としても良いかもしれません。
ちから 442
かしこさ 358
命中 388
回避 470
丈夫さ 789
合計 2,912
平均 485

 

VS【ゴライア】

パラメータ ゴライア コメント
ライフ 595
  • 【パラメータ】
    • ライフ・ちから・丈夫さが非常に高く、ちから技でのダメージを大きく軽減されます。
  • 【得意距離】
    • 遠距離の『ふきとばし』が命中しやすい程度で、他の技の命中率は低いです。
  • 【戦い方】
    • なるべく近距離で戦いましょう。『吠え』や『かみつき』もそれなりに威力がありますが、遠距離の技と比べるとかなり控えめです。ガッツを溜めて、強力な攻撃で攻めていきましょう。
ちから 668
かしこさ 285
命中 318
回避 258
丈夫さ 602
合計 2,726
平均 454

 

Sランクをクリアするとどうなるの?

新たな大会スケジュールが4つ追加されます。
これらは『四大大会』と呼ばれ、1つ優勝する毎にブリーダーランクが1段上がります。
4つの大会全てを優勝すると、晴れてブリーダーランクが『名人』となりエンディングを迎えます。

名人になる為には、1体のモンスターで全ての四大大会を制覇する必要はありません。
1体のモンスターで四大大会全てを優勝しても良いですし、4体育成して各々別の大会を優勝する事でも名人になれます。
とはいえ1体のモンスターだけで全ての四大大会を制覇するにはかなりの実力が要求されるので、慣れない内は分けて優勝していくと良いでしょう。

成長段階『成長のピーク③』:4歳3ヶ月
白銀モモで再度成長のピークを延長するよ!

黄金モモを与えてから6ヶ月以上経過しました!
ここで今度は白銀モモを与える事で、寿命を25週巻き戻して三度目の成長のピークに入ります!

このまま育成を続けて6歳3ヶ月を過ぎたら、次の育成に向けて白銀モモを入手しておきましょう!
白銀モモは6月2週のシルバー杯で優勝すると手に入ります!

ライフ ちから かしこさ 命中 回避 丈夫さ 合計 平均
377 451 558 406 484 637 2,913 486
+22 +27 +12 +54 +28 +66 +209 +35

 

Sランク公式戦に挑みます!
流石はSランク、手強く中々勝てません。
1度の試合で無理に『2連アタック』を2回使用しようとするよりも『2連アタック』1回と『トリオビームY』か『フォームベータ』を使うという戦い方の方が良いかもしれません。

3ヶ月後に3度目のSランク公式戦です!
今回で『2連アタック』の使用回数が34回になり、あと少しで『3連アタック』を修得出来るようになります!
『トリオビームY』の使用回数も11回に増えました!
そしてSランク優勝!
とはいえ四大大会への挑戦は、全ての技を修得してからにしようと思います。

Sランク公式戦、4回目です!
ようやく『2連アタック』の使用回数が48回に到達しました!
『3連アタック』の修得まであと一息です!

5歳0ヶ月になり、ここで成長のピークを抜けて、成長段階が第5段階に入りました。

Sランク公式戦に出場します!
今回で『2連アタック』の使い込みは完了し、続いて『フォームベータ』の使い込みに移ります!
これまでで6回使用していて、今回で23回になりました!
消費ガッツが40と重いですが『2連アタック』の45より少し軽いので、1試合で安定して2~3回使用出来ます。
消費ガッツが5少ないだけですが、だいぶ回数を稼ぎやすいです。

カウレア火山で修行を行い、無事に『3連アタック』を修得出来ました!
ここまですっごく長かったです……
未収得の技が残っているので気を引き締め直して掛かります!

再びSランク公式戦に出場です!
今度は『フォームベータ』の使い込みを中心に行います。
今回の使用回数は37回、上手く行けば次回の公式戦で『フォームベータ』の使い込みを終えられる見込みです!

Sランク公式戦出場!
ここで『フォームベータ』の使用回数が50回達成!
意気揚々とカウレア火山の修行に向かおうとしたら、あれ?まだ覚えられなさそう……?
たぶんどこかで使用回数のカウントを誤ってしまったのでしょう……
次回の公式戦で『トリオビームY』と一緒に『フォームベータ』も使っていきます。

5歳9ヶ月、変動ゆかで回避の上昇量が6となり第6段階へ移行しました。

Sランク公式戦です!
『トリオビームY』の使い込みが主目的ではあるものの『フォームベータ』の使用回数が何回不足しているのか不明なので、毎試合1回は使っていきます。
『トリオビームY』は累計28回使用し、半分を超えました!
公式戦終了後、恐る恐るカウレア火山の修行に向かうと……修得出来る技があるとの事!
嬉々として修行に出向き『フォームガンマ』を修得!

6歳0ヶ月になり、変動ゆかでの回避の上昇量が4まで落ちていました。
成長段階が第7段階に移行していたようですね。

Sランク公式戦に出場!
きっちり『トリオビームY』を使い、43回の使用回数となりました!
残り7回、四大大会で使っても良いのですが、どの四大大会で優勝したのか分からなくなってしまうので再度Sランク公式戦で使用する事にします。
一応ステータス画面で確認は出来るのですが、どのエムブレムがどの四大大会に対応しているのか記憶していない事と『わらわら』の為のヨイワル調整もあるので。

『トリオビームY』の使用回数から見て、今回が最後のSランク公式戦となるでしょう!
最後まで『トリオビームY』を連発し、当然のように優勝!
そしてカウレア火山の修行で『トリオビームZ』を修得しました!

6歳6ヶ月、カウレア火山の修行で丈夫さの上昇値4を確認。
成長段階が第8段階に移行しました。

残す技はワル技の『わらわら』のみとなりました!
カクテルグミを使用してヨイワル調整をしていきます。
トレーニングのローテーションは軽トレーニング×3に休養です。
軽トレーニングの時に『カクテルグミ』を与えて、体型も増加してしまうので休養のタイミングで『冬虫散』を与えます。

ヨイワルの調整が終わったら、パレパレジャングルの冒険に向かいましょう!
最後の技『わらわら』を修得しました!
これでドミノスの全技修得達成です!
あとは四大大会を制覇してレジェンド杯に挑戦、殿堂入りを目指します!

 ★四大大会『M-1グランプリ』に挑戦!★

挑戦する目安【合計:3,246 推奨:4,125 平均:542】

四大大会『M-1グランプリ』に挑戦します!
出場するモンスターはこちら!

VS【ドルーガード】

パラメータ ドルーガード コメント
ライフ 705
  • 【パラメータ】
    • ライフ・ちからが突出して高い相手です。丈夫さも高めで他のパラメータも最低限の水準は満たしています。
  • 【得意距離】
    • 開幕で『ぐるぐるプレス』を仕掛けて来る事が多いですが、命中が低く当たりません。近距離には命中重視技があるので、適度に距離を空けながら戦いましょう。
  • 【戦い方】
    • 一撃のダメージが大きいので、なるべく近付かずに戦いたい所です。ガッツの回復速度が遅いので、ガッツロックを仕掛けるのが最良です。
ちから 791
かしこさ 417
命中 433
回避 384
丈夫さ 552
合計 3,282
平均 547

 

VS【ルージュ】

パラメータ ルージュ コメント
ライフ 661
  • 【パラメータ】
    • ライフとかしこさが高く、命中・回避も平均水準を超えています。反面、丈夫さやちからが低く、強力なちから技への抵抗力は低めです。
  • 【得意距離】
    • 超近距離にライフを吸収する『ドレイン』を持ちますが、他の距離には有効打はありません。
  • 【戦い方】
    • なるべく接近しないように戦いましょう。最終盤で『ドレイン』でライフを奪われて逆転負けとなっては笑えません。『ドレイン』は威力は高くないですが、命中も地味にあるので最後まで油断せずに戦いましょう。
ちから 298
かしこさ 721
命中 576
回避 534
丈夫さ 299
合計 3,089
平均 514

 

VS【アスタウンド】

パラメータ アスタウンド コメント
ライフ 556
  • 【パラメータ】
    • ちからと丈夫さが突出していますが、命中と回避は悲しい程に低いです。
  • 【得意距離】
    • どの距離でも回避が高ければダメージは受けません。
  • 【戦い方】
    • 突発的な事故が主な敗因となります。とはいえ命中率1%を潜り抜けて当てられる事などほぼ無いので好きに戦って大丈夫です。
ちから 833
かしこさ 605
命中 354
回避 263
丈夫さ 756
合計 3,367
平均 561

 

 ★四大大会『ウィナーズ杯』に挑戦!★

挑戦する目安【合計:3,400 推奨:4,316 平均:567】

四大大会『ウィナーズ杯』に挑戦します!
出場するモンスターはこちら!

VS【カーマイン】

パラメータ カーマイン コメント
ライフ 446
  • 【パラメータ】
    • ちから・かしこさ・命中の攻撃三要素全てが高水準です。その代わりに、防御を捨てたようなパラメータとなっています。
  • 【得意距離】
    • 遠距離の『デスカッター』超遠距離の『デスエナジー』が驚異です。徹底して近距離を維持しましょう。
  • 【戦い方】
    • 開幕に『デスエナジー』や『デスカッター』を撃って来る事が多いです。『デスエナジー』は、こちらが回避を限界まで上げても50%程度で命中します。『デスカッター』は、クリティカル性能とガッツダウン性能が高い強力な一撃です。この二つを撃たせないように、近距離を陣取って戦いましょう。防御性能は紙装甲なので、速攻を掛けるのも有効です。
ちから 721
かしこさ 822
命中 800
回避 409
丈夫さ 325
合計 3,523
平均 587

 

VS【ルージュ】

パラメータ ルージュ コメント
ライフ 661
  • 【パラメータ】
    • ライフとかしこさが高く、命中・回避も平均水準を超えています。反面、丈夫さやちからが低く、強力なちから技への抵抗力は低めです。
  • 【得意距離】
    • 超近距離にライフを吸収する『ドレイン』を持ちますが、他の距離には有効打はありません。
  • 【戦い方】
    • なるべく接近しないように戦いましょう。最終盤で『ドレイン』でライフを奪われて逆転負けとなっては笑えません。『ドレイン』は威力は高くないですが、命中も地味にあるので最後まで油断せずに戦いましょう。
ちから 298
かしこさ 721
命中 576
回避 534
丈夫さ 299
合計 3,089
平均 514

 

VS【ブリガンディ】

パラメータ ブリガンディ コメント
ライフ 602
  • 【パラメータ】
    • 丈夫さが突出しており、回避以外のパラメータも高水準です。
  • 【得意距離】
    • 超遠距離の『地雷針』は命中精度が高く、こちらのちからや丈夫さが低いと簡単に大ダメージを負います。
  • 【戦い方】
    • 威力の高い攻撃が近接距離にあるので、回避が低い時はむしろ遠距離にいた方が安全です。回避の低さとガッツ回復の遅さを利用してガッツロックを仕掛けると比較的楽に戦えます。
ちから 541
かしこさ 587
命中 653
回避 427
丈夫さ 776
合計 3,586
平均 597

 

 ★四大大会『ワールドモンスターズ杯』に挑戦!★

挑戦する目安【合計:3,434 推奨:4,270 平均:573】

四大大会『ワールドモンスターズ杯』に挑戦します!
出場するモンスターはこちら!

VS【ゼーランディア】

パラメータ ゼーランディア コメント
ライフ 575
  • 【パラメータ】
    • かしこさが突出しており、ちからやライフ、命中も高い水準です。
  • 【得意距離】
    • 開幕に超遠距離から『インフェルノ』を頻繁に使用します。当たると大ダメージ+大ガッツダウンなので、出来るだけ回避を上げておきましょう
  • 【戦い方】
    • 1度インフェルノを避けたら、あとはひたすら接近して戦いましょう。2度目のインフェルノを受けると、ライフ次第でKOされます。
ちから 634
かしこさ 839
命中 654
回避 325
丈夫さ 401
合計 3,428
平均 571

 

VS【 ドルーガード】

パラメータ ドルーガード コメント
ライフ 705
  • 【パラメータ】
    • ライフ・ちからが突出して高い相手です。丈夫さも高めで他のパラメータも最低限の水準は満たしています。
  • 【得意距離】
    • 開幕で『ぐるぐるプレス』を仕掛けて来る事が多いですが、命中が低く当たりません。近距離には命中重視技があるので、適度に距離を空けながら戦いましょう。
  • 【戦い方】一撃のダメージが大きいので、なるべく近付かずに戦いたい所です。ガッツの回復速度が遅いので、ガッツロックを仕掛けるのが最良です。
ちから 791
かしこさ 417
命中 433
回避 384
丈夫さ 552
合計 3,282
平均 547

 

VS【シアラ】

パラメータ シアラ コメント
ライフ 466
  • 【パラメータ】
    • かしこさ・命中・回避が高く、典型的なかしこさ型のパラメータをしています
  • 【得意距離】
    • 近距離に『バン』遠距離に『ライトニング』超遠距離に『レイ』『フレイム』といった、強力なかしこさ技を備えています。
  • 【戦い方】
    • 戦う時は徹底して近接しましょう。超近距離にはちからタイプの技しかなく、ダメージも小さいです。少しでも離れると『バン』で焼かれて大ダメージを受けます。
ちから 534
かしこさ 845
命中 764
回避 613
丈夫さ 369
合計 3,591
平均 598

 

 ★四大大会『グレイテスト-4』に挑戦!★

挑戦する目安【合計:3,612 推奨:4,314 平均:603】

今回はグレイテスト-4に出場するのでトーレス山脈の冒険には行きません。
四大大会『グレイテスト-4』に挑戦します!
出場するモンスターはこちら!

VS【ゼーランディア】

パラメータ ゼーランディア コメント
ライフ 575
  • 【パラメータ】
    • かしこさが突出しており、ちからやライフ、命中も高い水準です。
  • 【得意距離】
    • 開幕に超遠距離から『インフェルノ』を頻繁に使用します。当たると大ダメージ+大ガッツダウンなので、出来るだけ回避を上げておきましょう
  • 【戦い方】
    • 1度インフェルノを避けたら、あとはひたすら接近して戦いましょう。2度目のインフェルノを受けると、ライフ次第でKOされます。
ちから 634
かしこさ 839
命中 654
回避 325
丈夫さ 401
合計 3,428
平均 571

 

VS【カーマイン】

パラメータ カーマイン コメント
ライフ 446
  • 【パラメータ】
    • ちから・かしこさ・命中の攻撃三要素全てが高水準です。その代わりに、防御を捨てたようなパラメータとなっています。
  • 【得意距離】
    • 遠距離の『デスカッター』超遠距離の『デスエナジー』が驚異です。徹底して近距離を維持しましょう。
  • 【戦い方】
    • 開幕に『デスエナジー』や『デスカッター』を撃って来る事が多いです。『デスエナジー』は、こちらが回避を限界まで上げても50%程度で命中します。『デスカッター』は、クリティカル性能とガッツダウン性能が高い強力な一撃です。この二つを撃たせないように、近距離を陣取って戦いましょう。防御性能は紙装甲なので、速攻を掛けるのも有効です。
ちから 721
かしこさ 822
命中 800
回避 409
丈夫さ 325
合計 3,523
平均 587

 

VS【ラブレス】

パラメータ ラブレス コメント
ライフ 645
  • 【パラメータ】
    • 回避が極端に低い反面、それ以外のパラメータが非常に高く、四大大会最高の合計値となっています。
  • 【得意距離】
    • 中間距離が比較的安全ですが、どの距離においても安全地帯はありません。
  • 【戦い方】
    • 回避の低さを突いてガッツロックを極めましょう。丈夫さを始めちからとかしこさ、ライフも高いので、攻撃力の低い攻撃はあまりダメージとして期待出来ません。
ちから 780
かしこさ 692
命中 680
回避 245
丈夫さ 841
合計 3,883
平均 647

 

四大大会を全てクリアするとどうなるの?

ブリーダーランクが『名人』となり、エンディングを迎えます!
当然ですがエンディングは1回だけで、その後四大大会を何度制覇してもエンディングが流れる事はありません。

そして1体のモンスターだけで全ての四大大会を優勝すると、3月4週にレジェンド杯への招待状が届きます。
レジェンド杯は4月4週に行われ、作中最強クラスの相手と戦う事が出来ます。
そしてレジェンド杯で勝利すると、殿堂入りする事が出来ます!
モンスターファーム2の最終目的は、この殿堂入りする事です!

 殿堂入りを懸けて!
レジェンド杯で最強の敵に挑戦!

挑戦する目安【合計:4,615 推奨:4,792 平均:770】

殿堂入りをかけて『レジェンド杯』に挑戦です!
今回はモストとのバトルとなります!

VS【モスト】

パラメータ モスト コメント
ライフ 718
  • 【パラメータ】
    • 全てのパラメータが非常に高く、攻守ともに万能です。
  • 【得意距離】
    • どの距離でも厄介ですが、遠距離からの攻撃が比較的厄介です。モッチ砲の命中力と威力は無視出来ません
  • 【戦い方】
    • なるべく近距離で戦いましょう。超近距離では『超ガッチョ』が、近距離では『もっさま』といった強力な技がありますが、前者はダメージが低めで後者は命中率が低いです。
ちから 724
かしこさ 745
命中 798
回避 802
丈夫さ 825
合計 4,612
平均 768

 

成長段階『第8段階』:7歳2ヶ月
長生きしてくれてありがとう!お疲れさま!

ここでコルトから限界宣言が来てしまいました。
残りの寿命はあと僅か……ここで引退としましょう!

今まで本当に良く頑張ったね!
長生きしてくれてありがとう!お疲れさま!

最終パラメータはこちら!

 

ライフ ちから かしこさ 命中 回避 丈夫さ 合計 平均
571 730 728 726 723 896 4,374 729
+194 +279 +170 +320 +239 +259 +1,461 +244

修得した技はこちら!

 

以下が今回の育成でが修得した技になります!

  • 【超近距離技】
    • 体当たり(初期技)
    • 針ぶっさし(大ダメージ技)
    • 超針ぶっさし(大ダメージ技)
    • フォームアルファ(超必殺技)
    • フォームベータ(超必殺技)
    • フォームガンマ(超必殺技)
  • 【近距離技】
    • たおれこみ(初期技)
    • 針かみつき(大ダメージ技)
    • ひっかき(ガッツダウン技)
    • アタック(超必殺技)
    • 2連アタック(超必殺技)
    • 3連アタック(超必殺技)
  • 【遠距離技】
    • 大たおれこみ(バランス技)
    • サケビ声(命中重視技)
    • 怪光線(クリティカル技)
  • 【超遠距離】
    • 超たおれこみ(バランス技)
    • おんぱ(命中重視技)
    • わらわら(ガッツダウン技)
    • トリオビームX(クリティカル技)
    • トリオビームY(クリティカル技)
    • トリオビームZ(超必殺技)

 

殿堂入りの状況はこちら!

 

育成を終えてみた感想

『ドミノス』特殊個体を育成してみた感想

モノリス種レアモン『ドミノス』特殊個体の育成を終えました!

非常に寿命ギリギリな状態でした~!
最後にヨイワル調整をしてわらわらを修得して、レジェンド杯に出て……殿堂入り直後にコルトから寿命の最終宣告を下されました。
大会も30回近く出場して、修行も20回弱は行ってますので、寿命がものすごい勢いで削られていたんでしょうね。
う~む……結局今回は冒険に行っていないのですが、もし冒険行ってたら少しはウラシマ効果で寿命伸びたんでしょうか……

何にせよ、ドミノスでも全技修得&殿堂入りを達成しました!
パラメータ的にはちょっとだけ物足りなさがありますが、技修得の為と割り切りましょう。
そしてガッツ回復速度が遅いモンスターで技を使い込むのが、本当に辛かったです。
回避も低いので相手のガッツダウン技が刺さる刺さる……
普通の小さなガッツダウンも、技の使い込みの時にはかなり痛いので、せめて回避の適性はCくらいは欲しかったです。

そして1つ気が付いたのですが、消費が重い技の使い込みを行う時は、ヨイワルをワルにしておけば状態変化『逆上』で短時間とはいえガッツ回復速度を引き上げられるので少しは楽になるのでは……?
まぁ、逆上の発動条件が『相手からガッツダウンを受ける事』なので、そんなに変わらないかもですし、発動中はガッツの回復速度こそ上がるものの『回避率が低下する』ので、結局ガッツダメージの追撃を受けて終わりだったかもしれません。
今後機会があったら試してみましょうかね。

次の育成予定は?

次回の育成記は、ケンタウロス種のレアモン『パドック』の特殊個体を育成する予定です!

終わりに

以上で今回の≪レアモン育成記≫【モノリス種:ドミノス特殊個体】を終わります!

『ここはこうした方が良いよ!』
『こんなやり方があるよ!』
など、今後の励みになりますのでコメントを頂けると嬉しいです!

それでは、次回の育成記もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です