硬派なあなたにお届けする本格派ミリタリーゲーム【戦車帝国】をレビュー

ちーのれびゅろぐです。『戦車帝国』のレビューです。

 

2012年、硬派にして狭い界隈であった戦車界に一つの革命が起きました。

テレビアニメ「ガールズ&パンツァー(通称:ガルパン)」の放映による戦車ブームの到来です。

タイトル通り「少女×戦車」というコンセプトの元、「戦車道」という架空の武道を通して成長する少女たちを描いた当作品の影響により戦車に興味を持つアニメファンが増えました。

逆に言えば、かねてより戦車を愛してやまなかった諸兄におきましてはこのように言われて釈然としない方も多いのではないでしょうか?

「どうせガルパンの影響でしょ?」
言いたいことは幾らでもあるはずです。

「ガルパンを軽んじるつもりは(同じ土俵に立ってやるつもりも)毛頭ないが、そこらへんの『にわか』と一緒にしないで欲しい」

そんなあなたにオススメしたいのがアプリゲーム『戦車帝国』です。

以下では筆者がこのゲームをプレイしてみての感想を交えてレビューしていきますので、プレイするか迷っている方はぜひ参考にしてみてください!

 

↓こちらからダウンロードできます!

戦車帝国 海陸争覇

戦車帝国 海陸争覇

SINCETIMES HK SCIENCE COMPANY LIMITED無料posted withアプリーチ

戦車帝国のゲーム概要

ジャンル:頭脳系
対応機種:ios/Android
価格:基本プレイ無料

 

【『戦車帝国』の三つの魅力】

 

【その1『硬派にして本格派!』】

とにかくアニメファンに媚びない。硬派を貫かんとする姿勢が見て取れます。たとえばプレイ開始直後のアバター(プレイヤーの分身)選択画面がこちら!


筆者は戦記や歴史は門外漢なのですが、もしかしたら実在する人物を元にしていたりするのでしょうか?

どこかで見たことがあるような無いような、個性のはっきりした見目麗しいキャラクターのバストアップが並んでいます。

映画に明るい方(特に洋画)や3Dのグラフィックが優れたゲームに明るい方であれば筆者以上に楽しめるかもしれません。

この他に筆者が「本格派」を感じたのはガチャのシステムです。

このゲームではガチャのことを「スパイ派遣」と呼びます。どうやら他の国にスパイを送り込んで戦車や将校を手に入れて戦力を増強するようです。優れたスパイほど良い戦車や将校を手に入れられるというわけです。

想像以上の作り込みに思わず筆者もにやりとしてしまいました(笑)

 

 

【その2『戦略性特化のテンポの良い戦闘』】

戦車のゲームと聞くとシューティング要素が強かったり、マップを把握していないと上級者に刈られてしまったりとアクションに苦手意識がある方はプレイし難いようなイメージを抱いてしまいますが、このゲームのジャンルはあくまで頭脳系。大切なのは戦闘時よりもむしろ戦闘前です。こちらの画像はいわゆる「キャラクターの強化画面」。


手に入れた戦車には武器(砲弾)、履帯、装甲、エンジンの四種類を装備することができます。強化しやすい範囲で全車両全装備を満遍なく強化するもよし、まずは気に入った一車両だけを限界まで強化するもよし、可能性は無限大です!

さて、戦闘の準備を終えたら「征服」を開始しましょう。こちらが実際の戦闘中の画面となります。

ここでは新たに操作をすることはありません。各戦車にあらかじめ設定した装備を用いてさくさく敵を殲滅していきます。

画面左下のボタンは戦闘速度、画面右下にはスキップのボタンがありますね。

どの戦車がどういう活躍をして勝利したのか、何が原因で負けたのか、リアルタイムで分析することができます。

スキップしたあとで結果に満足できなかった場合にはリプレイ機能もついていますので上手く活用してみてください!

戦闘中の見どころ、戦略として重要そうだなと感じたのはカットインの部分です。

戦車や装備の種類にもよりますが、通常の砲撃より高火力であったり広い範囲(一撃で多くの敵)にダメージを与えるようです。

 

 

【その3『理に適った強化方法』】

限界突破、素材集め、素材依存のレベル上限……もういい! アタシソシャゲやめる! と、ソシャゲやアプリゲームから離れてしまった方は少なくありません。

筆者の身近にも拘束時間やら課金させようという魂胆が見え過ぎたおかげで飽き飽きしてしまった友人がいます。

しかし、このゲームはそのあたりも非常にわかりやすくなっています。

戦車を強化するためには戦車のパーツが必要になり、戦車のパーツは強化したい戦車と同じ戦車を倒すことで手に入ります。

強化素材とドロップ場所を検索する日々からおさらばしましょう!

 

 

戦車帝国の気になった点

・ホーム画面が見難いです。キャラクターメインのゲームではないという点を加味した上で、「帝国」を押し出したホーム画面になるのはわかりますが、どこに何があるのかわかりやすく整理するくらいの努力は可能だと思います。

・頭脳系、戦略性特化のゲームシステム。といえば聞こえはいいのですが、戦車が好きでゲームを始めたユーザーには微妙に優しくないのかなと思います。

編成画面などから所持している戦車を見ることができるのですが、平面的な画像しか見ることができません。

3Dモデルを用意しろとまではいいませんが、もう少しスケール感がわかる画像を用意したり、詳細なスペック表など用意した方がいいのではないでしょうか?

・リアリティーを追求しきれていないなと思いました。

非常に高い火力で有名な戦車で装甲の薄さで有名な戦車に勝てない、という怪現象がゲームシステム上起こってしまいます。

弱い戦車でも強い戦車に勝てる可能性があると言えばロマンはありますが、リアリティーを求めている人は納得できないでしょう。

 

 

戦車帝国のまとめ

戦車帝国の記事はいかがだったでしょうか。

最後にもう一度、このゲームの魅力をおさらいします。

『硬派にして本格派!』
『戦略性特化のテンポの良い戦闘』
『理に適った強化方法』

以上。戦車ゲームにロマンとリアリティーを感じながら戦略性を楽しみたい方にオススメのゲームです!

ぜひこの記事を参考に戦車帝国をプレイしてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

↓こちらからダウンロードできます!

戦車帝国 海陸争覇

戦車帝国 海陸争覇

SINCETIMES HK SCIENCE COMPANY LIMITED無料posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です